一曲にすべてを2012/05/27 11:27

昨日は、白十字で踊りました。

 

たくさんの方においでいただきました。

本来はお客様に入っていただかないような後ろまで
いっぱいで、
立って観て下さった方もあったようです。

いらしてくださった方々に感謝しています。

後ろの席の方は、ちゃんと見ていただけたでしょうか。

 

懐かしいお顔もありました。

お話しできなくて残念だったな、と思っていたら、

今朝の夢でちゃんと、お店の前でご挨拶していました。

 

昨年から、白十字やお年寄の施設などで

天使館のみんなと一緒に踊る機会が何度もあり、

とても楽しいです。

ゲネを通して、
みんなが作品を仕上げていく過程も見られますし、

今回は、
先生からアドバイスがいただけたのも嬉しかったです。

前回の作品のカノンは、

いろんな場所で何度も踊ったので
とても深く体に浸み込んだ感じがあり、

今回は、体への入り方が
なかなかそこまで深くいけなくて、

あせりのようなものもありました。

でも、思えばそれは当然のことで、

結局最後にしたのは、

曲そのものの世界を立ち上らせるために邪魔になる

その焦りを手放すための稽古でした。

(ぎりぎりまで、フォルムの改良もしていましたが・・・)

それでも、昨日の緊張は尋常ではなかったので、

自分たちの順番が来るまでの時間がとても長く、
つらかったです。

 

今回は、

最初のゲネで先生から投げかけられた、

「初めて組んだ二人のような関係性」を
どう作っていくか、

ということもテーマの一つになりました。

ずっと二人でやっていると、つい、

お互いがそこにいることが
あたりまえのものになってしまいがちです。

その関係性を新鮮なものに作り替えようとすることで、

何か、大切なものを得たように思います。

 

 

いよいよこれから、

10月に控えている自分たちの公演へ向けて

作品作りと稽古が本格化します。

今回、なんとなく見え始めたような気がしている
次なる地平を、

10月までにしっかりとしたものにしたいと思っています。






6月のワークショップは今週末です2012/05/29 21:23


日にちが近付いてきましたので、

6月のオイリュトミーワークショップ ご案内です。

日時:6月2日(土)午後1時30分から4時30分まで

場所:国分寺市立いずみホール 練習室
参加費:2000円
服装:動きやすい服でどうぞ。
     長いフレアースカートなどでも可能です。

      汗をかいた時のために、着替えがあると安心です。
      靴は、専用の底の薄いシューズがあるのですが、
          とりあえず、
滑りにくくてできるだけ動きやすいもの
                                           (なるべく底の薄いもの)で。



  オイリュトミーは、

  詩や音楽と、光や風や水や熱と、
  自分のすべてを使って関わろうとする踊りです。
  ふだん使わずに眠らせてしまっている感覚を呼び覚まし、
  私達の身体が
    大宇宙と呼応する小さな宇宙であることを思い出したとき、

  人は 本当にいきいきと生き始めるのです。

 

まずはじめに、
基礎的なことを少しずつ、

言葉のオイリュトミーを通して感じていただき、

後半にピアノによる音楽のオイリュトミーをいたします。

理論をしっかり踏まえながら、
あまり頭で考えるのではなく

楽しみながら
ひとつひとつじっくり味わっていただけるように、
工夫して
います。

普段の生活では味わえない、
新しい感覚を味わっていただけたら嬉しいです。

 

  運動の苦手な方でも大丈夫です
  初めての方も もっと深めたい方も
  お気軽にご連絡ください

  

場所や今後の予定などの詳細については、
 私たちのホームページ または 
 あいうえおいりゅとみー でご覧ください。