とんでも勘違い3―子守唄にチャイコフスキー!?2018/10/20 15:11

先日、カメラマンのS氏にお招きいただいて、

セシオン杉並のチャリティ音楽会に行ってきました。

そこで聴いたチャイコフスキーのピアノ三重奏曲が、

それはそれは素晴らしかったのです。

長いのでなかなか演奏されない曲なのだそうですが、

このまま、いつまでも終わらないでほしいと思ったほど。

帰り道に、ふと思い出しました。

「そういえば、私の子守唄はチャイコフスキーだったんだっけ?」

 

と、いうわけで、今日のテーマは子守唄です。

自分が子どもの頃に遭遇した勘違いのお話の三つめ。

ようやく、初めに書こうとしていた内容に到達しました。

 

 

子守唄って、「お母さんと赤ちゃんとで完全に満たされている世界」を象徴するもののような感じがします。

この世界が、その後の人生のいろんな場面で、しっかりと人を支えてくれる力になる。

大切なものなんですよね。

お母さんは、赤ちゃんにとっては世界の全部といっても過言ではないほど。こどもの方は全身全霊で、文字通り全幅の信頼を寄せているわけですが、お母さん自身の方では、まだまだ若くてあまり経験も積んでいないのですから、

案外、自信のない状態でいたりします。

初めてのこどもであれば、自分自身が生まれて初めての大きな経験だらけの中で、まっさらな命に関わるなんていう責任重大なことをやらなければならないわけです。

当然、その道の大家、専門家のお話に耳を傾け、どうすればいいのかを学ぼうとします。

 

私の母もそうでした。

そして、ある大家のお話に触れました。

その方がおっしゃった言葉は

「お母さんが音痴な子守唄なんかを聞かせるから、

 こどもが音痴に育つのだ」。

自分は音痴だと思いこんでいる母は、

即座に子守唄を唄うことをやめました。

そして、夜、赤ちゃんを寝かしつける時に、

なんとクラシックの名曲を聴かせることにしたのです。

(このトホホなぶっ飛びぶり、他人とは思えません。

 あ、母娘って他人ではないのか…)

 

私のために選んだのは、チャイコフスキーのピアノ協奏曲第一番。

妹の時には、メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲が選ばれました。

自分のときのことはともかく、妹のときのことは、もう5歳だったのではっきりと覚えています。

瞬間で眠りにつける日はいいのですが、うっかりすると、音楽が流れている間中、早く眠らなければとあせりながら調べに乗って心だけが踊り出し

…とても寝付けませんでした。

小学校に上がってからは、ラフマニノフのピアノコンチェルトもよくかかっていました。これもまたとてもロマンティックで、めちゃくちゃ興奮します。

曲が終わってからも、目が冴えてしばらくは寝付けないのです。

 

そういえば、神経過敏だったなぁ…

身体も弱かったし…

こどものころから体がカチコチだったよなぁ…

などと、

「ひょっとしたら影響しているかもしれないこと」は

いろいろ思いつきますが、

確証はありません。

どの曲も、今も大好きなことだけが救いです。

 

 

と、いうわけで。

「赤ちゃんには、お母さんの子守唄が一番ですよ!」と、

声を大にして言いたいです。




母の遠足―高尾のデイサービスRION2018/09/18 11:22

今日は母が、お世話になっているデイサービスで

高尾山へ遠足に連れて行って頂いています。

昨夕、「明日は予定通り高尾山に登ります」と持ち物などの確認メールが入り、水筒がいることを忘れていたのでひと騒ぎ。「いつものミニバッグじゃ水筒が入らないわね!うわあ、この赤いのがちょうどいいけど、赤すぎるって文句言わないかなぁ? お水にする?お茶にする?」…

いきなり飲んでやけどしないように、母より一足先に会社へ出かける妹がお茶を器に入れておいてくれ、少しだけ冷めたところで水筒に移す…などなど、朝の手筈まで、妹とばっちり相談し。

今朝、いつものようにお迎えの車が来て、母はにこにこ出かけていきました。心配していた赤いバッグも、すんなり持っていってくれたので一安心。

自分が行くわけでもないのに私まで、

送り出してからもずっと、なぜかウキウキしています。

 

お世話になっているデイサービスは、RION(リオン)さんといいます(ページの左下にもリンクがはってあります)。大切に思うものがぴったり合って、ここと出会うために高尾へ引っ越したのかしら? と思うほど。

健康の基本は食べ物から! というのが基本姿勢で、お昼もおやつも、健康に留意して考えられた献立を経営者さんみずから手作りして下さって、とてもおいしいのです。

なにしろ経営者さんは、あの震災まで、福島で天然酵母のパン屋さんを営んでいたという方。

原発事故で一時は家族バラバラに避難されたそうですが、理学療法士さんである奥様の、「リハビリをしっかりやって、お年寄りの生活の質を高められるようなデイサービスがやりたい!」という夢をかなえるべく、縁あっていらした高尾でデイサービスを始められたのが、うちが越してくる少し前のことだそうなのです。

 

リハビリの運動は、自転車こぎ以外は完全に人間の手で行います。一人一人の様子をみて、まず痛みなどを取る必要があれば、生姜シップや里芋パスタ―、こんにゃくシップなどの自然療法で手当てをし、それから、それぞれにあった負荷をかけるなどしての運動で、筋力などのトレーニングを行います。

母は、変形性股関節症で病院から手術を奨められましたが、本人がどうしてもいやだというので手術はせずにいます。RIONさんにお世話になる前は、痛いので動かしたがらないため脚もどんどん弱って、いつ何時転ぶかわからないような状態だったのが、痛みのケアに毎回里芋パスターなどで手当てしていただいて、筋トレのおかげでしっかり立てるようになりました。あれから3年、ゆっくりながら今も自分の脚で歩けているのは、RIONさんのおかげです。毎回足湯をしてくださるのも、全身の血行がよくなるのでとても嬉しいのです。

もう一つ、RIONさんがとてもいいと思うのは、お年寄りに対して自然な敬意を持って接してくださることです。

どこのデイサービスでも、毎回いろんなアクティビティがあると思うのですが、それが子供だましのようなものだったり、言葉遣いも、幼児に対するような物言いがよくされるようで、かねがね不快に思っていました。いくら様々な機能が衰えてきているとはいえ、立派に一生を生きてこられたお年寄りを幼児のように扱うのは、あまりにも失礼だと思うのです。

でもRIONさんでは、言葉遣いもごく自然にやわらかくて温かな敬語が使われていて、とても感じがいいですし、母の持ち帰る、その日の活動で作った物をみても、工夫のある折り紙や貼り絵、書道、絵手紙、パステルアートなど、大人が楽しめるものに取り組ませて頂いているようです。

母を見ていると、自尊感情がどれほど体調や様々な状態に大きな影響を与えるかが、よくわかります。敬意を持って接していただいたり、アートレベルのものが制作できたりすることで、幸せな気持ちになれるのはもちろん、他の状態も、おそらく大きく改善されていると思うのです。

全体に穏やかな空気が流れているせいか、利用者さんも皆さんやさしい方々ばかりで、母は、本当にRIONさんへ行くのを楽しんでおり、生き甲斐になっています。

 

紅葉の頃にはバスでの小旅行も計画されているようです。

この出会いを本当にありがたく、嬉しく思っています。

                   高尾山の渓流です


その後のこと(2)母のインフルエンザと東山魁夷展2018/04/13 22:04

お正月から3月の4日まで、八王子の美術館で東山魁夷展がありました。

母は若いころから東山魁夷さんのファンでしたので、ぜひ行かなくては!と計画しました。

1月は検診などがあったので2月に行くことにして、自分のペースで楽に鑑賞できるようにと歩行器を準備し、押して歩く練習もして準備万端!…のはずが、

なんと、計画していた日の直前に、母がインフルエンザで高熱を発してしまったのです。折悪しく三連休の初日で、発熱したばかりだとインフルエンザでも診断がつかないということで、解熱剤を出してもらって自宅で様子を見ましたが、翌日の夜、ちょっと不安な感じだったので数軒の休日診療の病院に電話するも満員(ちょうど、インフルエンザが猛威を振るっていたさなかでした)で受診を断られ・・・。母はもともと肺に病気をもっているのでかなり心配しましたが、解熱剤だけでなんとか乗り切り、火曜日にやっと診察が受けられました。それでようやく診断がついて五日間タミフルを飲み、幸い、肺炎は起こさずに治りました。

高熱や薬の影響か、治った後もいろいろな面でかなりの衰えが見られ、展覧会へ行くなんて無理かもしれないと一時はあきらめかけましたが、ゆっくりとながら徐々に回復し、こんなに近くで東山魁夷さんの絵が観られるチャンスはもうないかもしれないと、母の誕生日の翌日、会期末ぎりぎりの33日に、母と妹と3人でタクシーに乗り込み、思い切って行ってきました。

3人で絵を観に行ったのはずいぶん久しぶりで、前回がいつだったか、もう思い出せないほどです。子どもの頃は、結構いろんな絵を観に、母に連れられて行ったのですが・・・。

当日は、妹と手分けができたのでスムーズに行ってこられました。素晴らしい絵に感動し、嬉しそうな母の様子が見られ・・・いろんな思いが浄化されたような、あらゆるものに感謝したくなるような、ちょっと特別な喜びでした。

 

 

昨日のようにいくつかの出来事をまとめて書こうと思いましたが、

次の話題はとても長くなりそうなので、日を改めます。

今日は、ここまで。

 


        チラシです。当日は、残念なことに写真を撮り忘れました。

2018年 あけましておめでとうございます2018/01/04 12:21

あけましておめでとうございます

みなさま、どのような新年をお迎えでしょうか。

                  

高尾はが日とも気持ちよく晴れ、

穏やかな年明けでした。

個人的に、昨年の暮れからの流れでちょっといろいろ思うところがあったので、

その穏やかさがありがたく身に染みました。

 

時系列で書くと、

自分(梓)が、12月中旬に罹患したインフルエンザの後、

思いのほか長く寝込んでいました。

 

以前にも、なかなか熱が下がらずにずいぶん寝こんだことはありましたが、

今回は、順調に熱が下がってもう平熱なのに、

なぜか起きあがるとふらふらしたり吐き気がしたり

という日が続き、

楽しみにしていた、自主学校「遊」の発表会も

お餅つきも忘年会も全部行けなくなるという、

かなり残念な年の暮れでした。

 

でも、寝ていることは本来大好きで、

よくこれだけぼーっとしていられると

自分でも呆れるくらい、贅沢な時間を過ごしました。

高齢の母にインフルエンザをうつさないために、

食事も3食ベッドへ運んでもらってのお姫様状態。

家事を全部引き受けてもらってのんびりとただただ眠り、

感染症なのに、気にもせず(?)世話をしてくれる家族に、ひたすら感謝の日々でした。

 

 

もう一つは、大みそかの出来事です。

母が、お風呂上りにつまずいて、バスルームの扉に倒れこんだのです。

本当に幸いなことに、

扉がガラスでなくアクリル板でできていたため、割れながらもふわりと受け止めてもらって完全には転ばずに済み、

どこにも怪我がなくて、事無きを得ました。

 

みんな一瞬は驚いたものの、怪我がないとわかるとすぐに落ち着いて、

着替えの手伝いなど、母のフォローを妹がしてくれ、

夫と私は扉の補修、娘は引き続き新年の用意と、

家族の見事な連係プレーで、まるで何事もなかったかのように、穏やかに年を越すことができました。(娘は、いつまでも心臓のドキドキが収まらなかったそうですが)

母は、その後も楽しく紅白などを観て、

年が変わるとにこにこ新年の挨拶をしていたので、

本当によかったと思いました。

 

 

親友と恩師お二方を亡くして呆然としたのは、

もう3年前。

昨年、大切なご家族を亡くされた友人も多かったようです。

 

死は、本来悲しいことではなく、

その人が見事に生き切ってゴールを迎えた、

すごろくの「上がり」のようなもの、ととらえています。

でも、やはり別れは寂しいもの。

そこまでの日々をどう生きるのか、

来し方行く末を考えた年末年始でした。

 

 

年が改まってまだ3日ですが、穏やかな日々が続いています。

何やら、心躍る計画もあるような…

ともあれ、穏やかな、楽しい1年であってほしいと

心から願っています。

                   

今年もよろしくお願い申し上げます。

 

 



遊のこどもたちから手描きの年賀状が届いて、嬉しくてすっかり元気になりました。

母の日に2012/05/13 16:35


部屋に入って、何やら見なれないものが視野に入り、
見ると・・・

こぉんなものが!

 


娘からのプレゼントでした。

 

このごろ、友達のお誕生日になにやら可愛いものを作っているのは見ていましたが、いつのまに!

写真では今一つわかりにくいのですが、実に可愛いです。

後ろから見ても、身体のひねりぐあいとかが、実にいい!

…と、親ばかぶりを発揮しています。

 

ちなみに私は、お年寄りの集まりに通い出した母のために、コップを入れるポーチを手作りしました。
お金のかからないプレゼントを贈るのが伝統…というわけでは、ないのですが・・・