地域通貨「てんぐ」2016/08/01 17:33

修験道の御山、高尾山。

麓では、天狗さまがキャラクターとして愛されています。

JR高尾駅のホームには天狗のお面の石像がどど~んとあって夜はライトアップもされていますし、

高尾山やその周辺では、

お土産物からラーメンにいたるまで、天狗○○と名付けられたものがたくさん売られています。

一番驚いたのは、高尾山口駅行きのバス。

降車ボタンが押されるたびに、

ブォーンと野太い音が鳴り響くのです。

いったい何ごとかと不思議に思いながら聞いていて、

いよいよ自分が押す直前に、

ほら貝の音(を模したもの?)らしいと気付いたときには笑ってしまいました。

 

そんな土地柄ですから、

地域通貨が「てんぐ」だ、と知った時にはにんまりとしました。

国分寺にも「ぶんじ」という地域通貨があって興味はあったのですが、結局関わらないままに越してしまい、

以前から藤野の「よろず」の話を聞き、最近ビオ市で「ゆーる」にも触れて

うらやましく思っていたところだったので、

いつもの引っ込み思案にちょっと活を入れ、

「てんぐ」のオフ会というのに行ってみました。

 

参加者のみなさんは優しくて温かく、

それぞれに個性的で魅力的な方ばかり。

ご家族も含め、障がいのある方々や高齢者の介護に携わっていらしたり、福島や熊本の被災者支援にも積極的に関わってこられた様子です。

オフ会では、参加者が増えてきたからこそ浮上した問題についても話し合いがされていて、

その過程も結論も、そもそものスタンスにも好感が持てました。

 

さっそく仲間入りさせてもらったら、

なんだかとっても楽しそうで嬉しくなってきました。

ひょっとしたらそのうち、

天狗さまの神通力にもあやかれるかもしれません。





ワークショップって実はすごかった2016/07/30 21:26

国分寺から高尾へ引っ越してきて、

しばらくワークショップをお休みしていました。

間に公演が入ったりもして、思いがけずお休みが長引いていたところ、たてつづけにお問い合わせをいただいて、

重い腰を上げたのは5月に近いころだったでしょうか。

新たに始めてみたら、

なんだか以前と感じが違っていたのです。

 

 

オイリュトミーでなにがやりたいのか、といえば、

選んだ詩や曲の根源に流れるものと同化したい

言葉や音楽の本質に触れたい

ということに尽きます。

 

それを初心者向けのワークショップでやるのには

限界があるような気がしていました。

でもそれは、どうも思い込みだったようです。

 

毎回、オイリュトミーの基本が身についていくにはどうしたらいいか、

オイリュトミーの心地よさを実感していただくにはどうしたらいいか、

考えながらワークショップを組み立てます。

それは以前と変わらないのですが、

以前は、ついつい、

詩や音楽の細かなニュアンスにこだわってしまう傾向があったように思います。

 

高尾に来てからやっていることは、

大切なこと、肝のところは同じなのですが、

普段の生活からオイリュトミーへの架け橋を、

以前より丁寧に架けようとしている感じがします。

力の流れと言葉や音楽が合っていれば、

力の流れを感じやすい、ごくシンプルなフォルムで動いているほうが、

細かなニュアンスにこだわったフォルムにするよりも、

むしろ逆に詩や音楽の命が力強く流れる感じがあって、

驚くことがあります。

受講生の方々と一緒にそれを体感できるのは、

とても感動的です。

 

8月は、

13日と27日の土曜日を予定しています。

http://www.ne.jp/asahi/eurythmie/ozaki/lesson/

(13日は、ほぼ満員。ぎりぎりであと1名です。27日はまだ空きがあります)

 

ご希望があれば平日も可能ですのでお問い合わせください。

開催する日にちや時間も含めて、

まだまだいろんなことができそうです。

このごろ、

なんだかとても自由になった感じがしているのです。

 

実はもう一つ、

やっていきたいと思っていることがありますが、

そのお話はいずれまた。





土曜日午後、初心者のワークショップがあります2016/05/24 11:20

今週末、5月28日の土曜日、

高尾で、初心者オイリュトミー講座を開催します。

今月は、基礎と言葉のオイリュトミーのみとなります。

(残席1となっています)

 

☆日時:528日(土)午後1時30分から4時

☆場所:高尾会場(高尾駅より徒歩7分)
☆参加費:2500
☆服装:汗をかきますので着替えをお持ちください。
 動きやすい服なら、フレアスカートなどでも可能です。

靴は、上履きをご用意ください。

(外履きの靴で出入りする場所で履いたことのないもの)

専用のオイリュトミーシューズでなくても、

滑りにくくて底の薄い、

できるだけ床を感じやすいものであれば大丈夫です。

固めの木の床でも足が大丈夫な方なら、シューズなしで

厚めの靴下などでも可能です。

 踊るなんてとんでもない!という方でも  

 運動の苦手な方でも大丈夫です
 お気軽にご連絡ください

  

お申込み、お問い合わせは、
メールかお電話で Lands and Skies 尾崎まで

 

なお、来月から高尾での初心者ワークショップは

土曜日午前中の開催になり、

午後は経験者向けのワークショップとなります。

詳細は ホームページ

講座・ワークショップのご案内をご覧ください。







初心者オイリュトミーワークショップのお知らせ2016/05/19 12:07

直前のお知らせで申し訳ありません。

5月21日の土曜日、

高尾で、

初心者オイリュトミー講座を開催します。

 

木々の緑が美しい季節となりました。

大変ご無沙汰してしまいましたが、今日は

初心者オイリュトミー講座開催のお知らせです。 

今月は、基礎と言葉のオイリュトミーのみとなります。

 

☆日時:521日(土)午後1時30分から4時

☆場所:高尾会場(高尾駅より徒歩7分)
☆参加費:2500
☆服装:汗をかきますので着替えをお持ちください。
 動きやすい服なら、フレアスカートなどでも可能です。

靴は、上履きをご用意ください。

(外履きの靴で出入りする場所で履いたことのないもの)

専用のオイリュトミーシューズでなくても、

滑りにくくて底の薄い、

できるだけ床を感じやすいものであれば大丈夫です。

固めの木の床でも足が大丈夫な方なら、シューズなしで

厚めの靴下などでも可能です。

 踊るなんてとんでもない!という方でも  

 運動の苦手な方でも大丈夫です
 お気軽にご連絡ください

  

お申込み、お問い合わせは、
メールかお電話で Lands and Skies 尾崎まで

 

なお、初心者ワークショップは28日にも予定しています。

来月からは経験者向けのワークショップも始まります

詳細は ホームページ

講座・ワークショップのご案内をご覧ください。



              高尾山中腹の展望台より富士山を望む

「オイリュトミー版 日本国憲法を踊る」舞台稽古を観て2016/04/27 15:12

明日26日夜、天使館の公演で

受付のお手伝いをすることになり、

昨夜、劇場での通し稽古を見てきました。

 

素晴らしいプログラムです。

朗唱の底力と、

群舞オイリュトミーの圧倒的なパワーに、

何度か鳥肌が立ちました。

 

 

まだオイリュトミーを知って間もない頃、

やはり天使館の公演で、シュタイナーの言葉をオイリュトミーで観る機会がありました。

その公演を観て驚いたのは、

本で読んでいただけの時には難しく感じていた言葉が、

オイリュトミーで観るととても生き生きと息づいて、

その言葉の内容が、

意味としてというよりは存在そのものとして、

すっと入ってくることでした。

 

この舞台を観て、その時の驚きを思い出しました。

大切なものだとは思いつつも、ちょっととっつきにくいと感じていた「日本国憲法」の言葉が

生き生きと立ち上がって、

条文のひとつひとつが、

そこに語られている内容を通して、

人間愛というか、本来人間がそうであるべき、

大切にするべきものを大切にする「精神」を

浮かび上がらせているのです。

「美しい言葉」とは、

歪むことなく「精神」が伝わってくる言葉のことなのかもしれない、と思いました。

 

 

生き物はもちろんですが、空間でも物でも、

人から顧みられることなく打ち捨てられていると、

どんどんくすんでいきます。

逆に、人が心を込めて対すると、

生き生きと、そのものの本来持っている輝きを発します。

 

いま、日本という国が現に持っている「精神」が

人の聲、人の動きを通して、

もしかしたら初めてかもしれないと思うくらい、

生きて、脈打っているのが感じられる時間でした。


         

      4月26日(木)19:30開演 JR西国分寺駅前いずみホールにて