殴り込み・・・じゃなくて♪2020/06/06 19:41

母に会いに、病院へ行ってきました。

リオンさんとケアマネさんと妹と、4人でです。

 

現地集合だったので、妹と二人、

まずは手土産を用意し、母へのお花も買って、

ドキドキしながら病院へ向かいました。

この間の、小さくしぼんだみたいになって、

表情も乏しかった母の姿が浮かびます。

あれから、二週間ちょっと。

今日はどうでしょう…

 

先日のリオンさんの、

「一緒に言ってやりましょう!」という言葉もよぎります。

殴り込みみたいになってしまうのでしょうか?

でも実際、もし今日もあんな母を見たら、

とんでもないことを言ってしまいそうです。

 

ひとりひとり面会申請書を書き、

額に水鉄砲みたいなものをかざして、ピピピっと熱を測ってもらいます。

すごい世の中になりました。

撃ち殺されやしないかと、ちょっとドキドキ。

なにしろ、ひそかに後ろ暗いのです。

 

指示に従って2階へ上がり、

リハビリ室へと続くやたらと広い部屋の前で待っていると、

理学療法士さんに連れられて、やってきました!

 

母は、今日は私たちを見るなり笑っています!

 

…心配していたようなことにはなりませんでした。

でもリオンさんは、舌鋒鋭く理学療法士さんを問い詰めてくれて、

おかげでいろんなことが分かりました。

尿路感染では、二週間も寝込んでしまったこと、

その間はリハビリもできず、食欲も落ちて、すっかり弱ってしまったこと…

「ようやく体力が回復してきて、やっと入院時くらいまでに戻りました」と。

 

ふうむ…そういうことだったのか…

 

「じゃあ、歩くところを見ていただきましょう」

と、歩行器を持ってきてくれました。

母は、少し支えてもらうと自分で立てて、

ゆっくりゆっくり、足を進めます。

手術をした右脚の膝が、内側へ入ってしまうようです。

二歩行ったところで、向きを変えようとしました。

素直にただまっすぐ歩くのではなく、すぐに曲がったりしたがるのも、

いかにも母らしいです。

 

「座りますか? もうちょっと行けますか? まっすぐ行きましょうね」

さらに一、二歩行ってまた曲がろうとしたら、

「疲れましたか? もういいですよ、座りましょう」

と、座らされてしまいました。

 

おだてて乗せれば、どんどん行く性格です。

こんなにだだっ広いところに私たちしかいないのですから、

曲がりたいだけ曲がればいいのです。

「病人モード」さえ、外してもらえれば…

 

 

本当は、退院前に「家屋診断」というのがあって、

病院から、スムーズに生活できるために何が必要か教えてもらえるのですが、

なにしろこんなご時世なので、よほどのことがない限り、それはしないのだそうです。

…と、いうことは…

こちらの準備さえ整えば、退院できるということです。

やった!

 

帰り道は、リオンさんが車に乗せてくれました。

「いまは体が冷え切っていますよね…

うちでは夏でも、着いたらまず生姜湿布で温め、足浴で温め、

お帰りの前にもこんにゃく湿布で温めて、飲むのは梅醤番茶です。

全身の血流を良くしておかないと抵抗力も免疫力も弱るし、

おなかを温めておかないから、病気や暑さに負けるんです!」

 

退院後のRIONさんでのケアの話を聞いていたら、

めちゃくちゃ元気が出てきました。





えい、えい、おー!2020/06/05 16:08

ケアマネさんが決まったと連絡があったのは、

それから10日後のことでした。

 

週が明けるのを待ってケアマネさんに連絡をとり、会って話しました。

母が楽しく通っていたデイサービス「RION(リオン)」の継続をお願いしました。

リオンには入浴サービスがないので、お風呂をどうするか、

そして懸案の、夜の対策などなど。

いくつかの選択肢を提示してもらって、方針を立てました。

 

翌日。

新しくなった介護保険証を持って、ケアマネさんが立ち寄ってくれました。

リオンさんと連絡を取ったところ、

こぢんまりとしたRIONでは、車椅子での室内移動ができないというのです。

送迎車も車椅子仕様ではないとのことで、

お風呂サービス付きのデイサービスを探す方がいいかもしれない、とのことでした。

 

母は、RION が大好きです。

私も、リオンさんの人柄や、自然なお手当てなどを信頼しています。

暗雲が立ち込めました。

 

「待ってますからね!」と、戻れるように席をあけて下さっていたのに…

病院で87歳の誕生日を迎え、お祝いもできない…としょんぼりしていたら、

寄せ書きを持って面会に来てくださったのです。
いつもながらの元気で明るい声に、救われる思いでした。

頼りにしていたのです。

 

 

夕方、電話が鳴りました。

リオンさんでした。

車椅子から立ち上がることができて、一、二歩でも歩ければ受け入れは可能だから、病院へ、母の様子を見に行ってくれるというのです!

 

リオンさんは小柄で、いつもゴムまりみたいに弾んでいる感じの美人です。

仕事への燃えるような情熱は、時として、こちらがたじたじとなるほど。

病院で感じたことを伝え、

「退院したほうが、元気になれるかもしれないと思って…」というと、

「そうですよ!」と力強い返事が返ってきました。

「尿路感染なんか起こすなんて、体力が落ちている証拠です。

 食べ物で体は変わります!」

としばし熱弁。

 

食べ物で体が変わる、というのはリオンさんの持論で、

デイサービスRIONでは、ご夫君の「パン太郎」さんが、

玄米で野菜もたっぷりの、手作りの食事を出してくれます。

「パン太郎」さんは福島で天然酵母の手作りパン屋さんを営んでいらしたのですが、

原発事故で避難した後、理学療法士さんである奥さまの夢を叶え、

力を合わせてRIONを開設されたのです。

機械を使わない自然なトレーニングや、

さといもパスターなどの自然なお手当もしてくれます。

去年、母が胃潰瘍になったときも、本当に頼りになりました。

 

なんと、退院後しばらくは、

お昼までの利用で週五日間通う、という案を出してくださいました。

トレーニングで機能の回復を図ろう、というのです。

願ってもない提案でした。

 

「病院へはご一緒させてください!」

「もちろんですよ。一緒に、いろいろ言ってやりましょう!」

 

すっかり勢いづいて盛り上がりましたが…

当日が、ちょっと怖いです。




えっ、車椅子になっちゃうの!?2020/06/04 12:21

先月のはじめごろ、母の入院している病院から電話がありました。

1月の末に大腿骨を骨折して手術し、いまはリハビリ病院にいるのです。

退院後は家で暮らす予定でいるのですが、

「今の状態を見て、退院後の方針を考えてください」と。

 

なんだか変な言い方だな…?

でも、久しぶりに会える!

 

新型コロナのせいで転院以来一度も会えず、

どうしているか、ずっと心配していたのです。

妹と二人、花を持っていそいそと出かけました。

ところが。

 

車椅子に座った母は、私たちを見ても喜ぶでもなく。

なんとなく不機嫌な感じで

「わたしは、自分の行きたいときにトイレへ行きたいです」と言うばかり。

 

「私たちがわからないの?」と訊くと、

「もちろん、わかるわよ」と、やっとすこし表情が動きました。

「でもね、私は、自分の行きたいときにトイレへ行きたいの」

「うんうん、そうだよね、わかるわかる」

「いま、行きたくなりました」

「えーっ、いま!?」

 理学療法士さんに連れられて、トイレに行ってしまいました。



母のいない間に、先生からお話がありました。

認知症の具合があまり良くないこと、

歩くのは数歩がやっとなこと、

二週間ほど前に、尿路感染で熱を出したこと。

 

転院の時には普通に会話できて、ニコニコしていたのです。

歩くのだって、前の病院では、

平行棒で最高12メートルまで歩けた、と聞いていました。

ここは、散々調べていろいろ見に行って選んだ、リハビリに定評のある病院です。

入院の時には、皆さんとても感じが良くて、

ここなら人間らしい対応がして頂ける!

しっかりリハビリを受けて、もっと元気になって退院できる!

と、希望を持っていたのでした。

 

どうして?

そんなはずは…!!!

 

しかも先生は、

認知症は来た時と変わっていない、

足の痛みはもともとあった変形性股関節症のせいだ、

とおっしゃいます。

尿路感染のことなんか、

忘れていて、一度立ち去ってから思い出して戻ってこられてのお話しでした。

 

いますぐ連れて帰りたい!

 

でもいまは、担当のケアマネさんがいないのです。

入院時に、順番待ちの方がいらっしゃるので…と、

これまでの方にはお願いできなくなっていました。

それに。

 

母は、夜中に何度かトイレへ行きます。

これまでは自分で行けていたのですが、

車椅子では、必ず介助しなければなりません。

 

はぁ…

どうしよう…

 

 

トイレから戻って来た母は、

ちょっと落ち着いていました。

持ってきたフラワーアレンジメントを渡すと喜んで、

初めて笑いました。

しばらくいろいろ話していたら、

やっといつもの表情が戻ってきました。

でも、私たちがちょっと理学療法士さんと話し始めたら、

うとうとしだしました。

 

こんな程度で疲れるのか…

 

とにかく、一日も早くケアマネさんを探してください!

とお願いして、後ろ髪をひかれながら帰ってきました。





夢への道筋 ④2020/05/31 08:41

(続きです)
なんといっても一番いいのは、自分で野菜を育てることですよね。

うちは生ごみをコンポストで発酵させて土に入れ、夫が庭で細々とやっていますが、

ベランダでプランターでも立派にできるし、もやしやスプラウトなら家の中でも十分!

菌ちゃん先生によれば、段ボールで、土に生ごみを入れてできるそうです。

食べられるものを育てるのは本当に楽しくて、

立派に実ったときの喜びはもちろん、たとえ小さくても、自家製野菜の味は格別です。

 

「農家を増やすことが急務だ!」と頑張っている、

カッコいい自然農法家さんから聞いたことですが、

実は、日本の農業はいま、農家の方々がみな高齢で後継ぎがなく、

このまま放っておけば自然と縮小していく状況にあるのだそうです。

だから耕作放棄地が増えているのだとか。

それこそ本当の危機です。

そこで、いきなりプロとして新規参入することまでは無理でも、

耕作放棄地を使わせてもらってそこで何か作ることができれば…と夢見ています。

そのうちに楽しさが嵩じて、もっと本格的にしっかりやってみよう!なんていうことにでもなれば素敵ですが、

さすがにこの年からでは難しいかな…。

でも、かなりの高齢で元気に畑仕事をなさっている方は多いようで、

土の力は思っている以上に偉大そうです。

 

 

さて。いろいろ考えましたが、本当にできるのでしょうか?

思いつくのは簡単ですが、実際に動くのは大変です。

でも、どれも楽しいことばかりだし、いくつかだけでも準備しておけば、

たぶん飢え死にはしなくてすむのじゃないでしょうか。


それに、居並ぶ生活習慣病を眺め渡せばわかる通り、

実は私たちはいま、食べ過ぎで体を壊しているらしいのです。

否応なく小食になってみたら、逆に元気になれたりするかもしれません。

 

 

おそらく、さまざまな助け合いも各地で生まれると思います。

地域通貨を使うようなグループが活気づけば、

現在の通貨が暴落しようがハイパーインフレが来ようが

無関係に暮らすことだって可能かもしれない…

 

…またまた、どんどんふくらんできてしまいました。

これが、今の私の夢です。

もしかしたら、夢だなんて、のんきに言っている場合じゃないのかもしれません。

じっと座ってぼんやり考えていたら、

どこからか、「とっとと動きなさい!」と声が聞こえてきそうです。





夢への道筋 ③2020/05/30 09:21

(続きです)


もし輸入が止まったら、

有機や自然農法の農家の野菜は出回りますが、

今以上に高価になるでしょうから、私たちには手が届かないかもしれません。

農法を切り替えなければならなかった場合、

各地の畑で野菜が育ってくるまで、少なくとも3か月はかかります。

かなりの窮乏生活が予想されるその間を、どう生き延びるか。

 

いまのうちに準備しておかなくてはなりません。

保存食を少しずつ備蓄しておくことが必要でしょう。

まずできるのは、自家製干し野菜。

根菜やキノコ類などは、干すことで、うまみと栄養どちらも増すそうです。

干したエノキは、おつまみに最高だと聞きました。

いろんなものを塩漬けにすることもできます。

我が家ではいま、塩漬けのレモンの皮が大人気です。

肉を塩漬けにしている知り合いもいて、とても美味しそうです。

 

恐怖から何かをするのは、あまり良くないと聞いています。

保存食の作り方や美味しい調理法を覚えて今からやっておくことなら、

美味しいし案外手軽だし、純粋に楽しんでできそうです。

 

それから、どこにでもある野草が食べられたりします。

先日食べる機会のあったドクダミ入りの卵焼きは、けっこう美味しかったです。

ハコベ入りのお味噌汁は、

たくさんだと野趣が強すぎるけれど少量ならいい感じでした。

今度は炒め物にも挑戦してみようと思います。

ギシギシのてんぷらは、気に入って二日で三回食べたら口内炎ができました。

野草にはアクの強いものもあるので、食べ過ぎない方がいい場合もあります。

中には人が死ぬほどの毒があるものもあるし、

毒草と美味しいものとがそっくりだったりもすることもあるので、

正しい知識が絶対に必要です。

本もたくさんありますが、やっぱり実物を見ながら教わるのが一番。

幸い、友人や知人に詳しい人が多いので助かります。


ちゃんと知っていれば、美味しいものは案外多いし、

多少個性の強いものも、慣れればけっこういけます。

雑草なんて呼ばれて、嫌われている野草たち。

草刈りをして、捨ててしまうなんてもったいない!

 

 

またまた長くなりました。続きは④で。