「春の狂詩曲」制作ノート―12017/03/21 11:40

先月末から風邪で寝込み、

パソコンを開かない生活がしばらく続いた。

実はまだ、完治したかどうか怪しいのだけれど、

家族の力を借り、今までより少しゆっくり生活することで

稽古をしながら生活が回せるようになっている。

 

と、いうわけで、久しぶりのブログ更新になった。

休んでいる間に、書きたいことがたくさん流れていった。

とても残念だ。

 

 

・・・実はこの「残念だ」は、

春の狂詩曲の中で取り上げたテキストに出てくる言葉だ。

なんということもない、ごく普通の一言だけれど、

このごろ、日常生活の中で折に触れ使いたくなる。

もう一つの「満足している」という言葉とともに、

小さなマイ・ブームになっているようだ。

 

これらの言葉が使われているテキスト「仕事ばんざい」は、13歳で金具職人の徒弟になった少年の日記だ。

第二次大戦直後の、

占領下にあったイタリアで書かれたものなのだが、

菓子パンをもらったことが嬉しそうに書かれていたりはするものの、戦争の傷跡は、日記からはうかがい知れない。

同じ敗戦国なのに、日本と比べるとずいぶんのんびりしている気がして調べたら、ある歴史家の分析で、

イタリアは「負け上手」なのだ、という記述を見つけて唸った。

 

日・独・伊…敗戦の仕方も、戦後の歩みも、ずいぶんと違っている。

気質の違いもある気がするけれど、

国家を動かす人々には、なによりもまず、

「国民を守る」ための手段を、

冷静に、したたかに考えられる人であってほしいものだ。

自分みたいな単細胞にはとうてい務まらないな、

と思いつつ、そんなことを考えた。




クレーシュすみれのオイリュトミーの会2017/02/19 21:34

今日は、「クレーシュすみれ」を初めて訪れました。

温かみのある空間と静かで穏やかな雰囲気のなか

こどもたちとお父さんやお母さんたちにまじって

小さなオイリュトミーの会を観てきたのです。

 

「クレーシュすみれ」というのは、国立にあるシュタイナー教育の幼稚園です。

https://creche-sumire.jimdo.com/クレーシュすみれについて/

自主学校「遊」とは、

生徒のきょうだいが通っていたり、

「遊」のお祭りなどに先生方が参加していらしたりと、

なにかと交流のある園です。

 

オイリュトミーをしていたのは、

山本みちるさんと小松ひろかさん。

いまでもときどき一緒にオイリュトミーをする機会のある、古くからの仲間です。

みちるさんの終始ほんわかとした雰囲気もよかったし、

「背むしの小人」でのひろかさんの小人っぷりが見事で、お話の後、音楽のオイリュトミーに普段の姿で出てくると、「あ~、こんな人だったんだ!」と小さく感嘆の声を上げる男の子もいて、微笑ましかったです。

そういえばこどもたちは、いつもそうだからなのでしょうか、穏やかな雰囲気の中にすっかり溶け込んでいて、

みんな当たり前のように静かにオイリュトミーに見入っていました。

その時はあまりに自然なのでそんなものかと思っていたのですが、後から考えると、一般の幼稚園児のイメージとはだいぶ違うように思います。

小さなこどもでも、穏やかに過ごせる状況さえあれば

あんなに穏やかなのですから、そういう環境を作ってあげることは本当に大切なことなのだと、あらためて思いました。

 

忙しい中あせあせと出かけたのですが、

すっかりいい気分になってほっこりしていたら、終演後も、すぐ前の席でお母さんに抱っこされていた赤ちゃんがとてもいいお顔で笑いかけてくれたり、

可愛らしい男の子が話しかけてくれたりと

いいことがたくさん。

とっても幸せな気持ちで帰ってきました。

         クレーシュすみれの写真。FBから取りました。


Duo Double II「春の狂詩曲」―初めての合わせ稽古2017/02/02 17:04

昨日は、ピアノ演奏との合わせ稽古をしてきました。

これまでにも、依田さんのお宅で、

軽く動いてみながら演奏と合わせることは何度かしたことがあるのですが、

しっかりと広さのある稽古場での合わせは初めて。

生演奏のパワーで、熱い稽古ができました。

 

昨日まではフォルムだけの稽古をしてきました。

ここで一つ区切りがついて、

いよいよ音の動きをつけていきます。

フォルムだけの動きで一度作りあげたものが壊れて、

新しく作り直す感じになりますが、

この工程をきちんと経ないと、

出来上がりが違ってくるように思っています。

 

私は以前、音が乗り始めると

断然自由になった感じがしてご機嫌になっていました。

このごろは、力の流れをフォルムに乗せること自体の気持ちよさを

とても感じるようになっているので、

そのあたりは少し変わってきたかもしれません。

どんな感じになるのか、ちょっと楽しみにしています。

 

2月は短いので、本番まであと2か月ほど。

二人だけだと煮詰まってくることもある時期ですが、

依田さんご夫妻のほんわかした雰囲気に助けられて、

楽しい稽古でした。




懐かしいひととき2017/01/23 23:04

昨日は、ペルセパッサ・オイリュトミー団の公演「響身」で、受付をしました。

夫も照明でお手伝いしており、

午後の部が終わって夜の部までの間に、

懐かしい仲間たちとみんなで歓談する時間がありました。

 

私たちの卒業したのはオイリュトミーシューレ天使館の

第2期で、入学が1998年のことですから、なんと、

もう20年近くになるのです。

シューレの卒業公演からは15年。

卒業後のフォルトコースは2年でしたが、

その間に年3回か4回ずつ公演をしており、必ず群舞もありましたので、

「当時はほとんど毎晩、時には午後も稽古があったね」

という話になりました。

ぶつかり合ったり、助け合ったりしながら、

無我夢中でがむしゃらに走り続けた日々でした。

 

長いような短いような年月ですが、

ずいぶん遠くまで来た感じがします。

シューレ、フォルトと、

大きく変化していく日々を一緒に過ごした仲間は

何物にも代えがたいと、つくづく思います。

そういえば昨年末にあった新保さんのソロ公演でも、

ずっと会えていなかった仲間の一人と再会することができて、大きな喜びでした。

 

 

昨年後半はとても忙しかったので、

お正月にちょっと一息いれ、そろそろと走り出したところですが、

全速力モードに入る前に、もう一度、

懐かしい仲間と来し方行く末を確かめるような、

貴重な時間でした。




「Tomorrow パーマネントライフを探して」を観て2017/01/13 18:32

先日、高尾の「いまここカフェ」で、

異色の民俗学者、宮本常一についての話を聴いてきました。講師の坂田さんは、昨年末にメキシコで開催された、生物多様性の国際会議から戻って来られたばかり。そのホットなお話も交えながらの講座でした。

 

たくさんのことをお話しいただきましたが、

中でも印象に残ったものの一つに、

「『世界を良くしなければ』と、はるか遠くを見ながら言う人が多いけれど、ごく身近な、自分の周囲を見ずに、

身近にあるものを打ち捨て、犠牲にして良くなる『世界』なんてない」

ということがありました。

 

Tomorrow パーマネントライフを探して」を観て感じたのも、まさにそのことでした。

2012年、「ネイチャー」誌に21人の科学者たちが発表した、「今のライフスタイルを続けていけば、遠くない将来に人類は滅亡する」という内容の論文をきっかけに、

滅亡へ向かわないために自分たちが何をできるのか、

それを探してさまざまな活動を取材したドキュメンタリーです。

取り上げられている「解決法」はどれも、自分たちの周りで、具体的に暮らしを改善するために動いている人たちの例でした。

大規模な農業、大企業中心の政治や経済といった社会の仕組みに巻き込まれないこと、

自分の周囲に、ローカルな、地域で生きていける環境を作り上げること。

 

さまざまな活動や情報がテンポよくどんどん紹介されるので、観ながらゆっくりじっくり考えるヒマはありません。

ある程度知っていることが多かったのでなんとかついていけましたが、全部が初めてのことだったら、途中でオーバーフローをおこしていたかも知れません。

いくつものセクションに分かれていたので、

例えば、セクションごとに詳しい人の解説付きでみるとか、みんなで話し合うとか、

そういう形での鑑賞会があればいいな、と思いました。

 

地域の人々と、自分たちには何ができるか、

話し合いながら観たい映画です。

映画の公式HPはこちらです。 

 http://www.cetera.co.jp/tomorrow/