夢への道筋 ②2020/05/29 20:10

(続きです)


「おうち時間」のあいだ、いろんな動画を観ながら、考えていました。

いまはどういう状況で、自分はどうすればいいのか。

 

一番心配していたのが、食糧難です。日本の食料自給率は、大変低いのです。

食料の形で入ってくるものだけでなく、

国内で生産している野菜の肥料などや牧畜の飼料のことも考え合わせると、

それはもう、恐ろしいほど。

ウイルスや、今後やってくるといわれている世界恐慌のせいで、

もしそれらの輸入が止まったら…

 

でも…

ある方が言っていました。

ピンチこそ、チャンスなのだ、と。

 

肥料が入ってこなくなっても、

有機農法や自然農法に取り組んでいる農家の方々は日本中にいらっしゃいます。

それに日本にはいま、生ごみや雑草(と呼ばれている草)を土に入れることで、

2か月もすれば、肥料なしで豊かな野菜が育つ土にできるノウハウもあるのです。

土の中の微生物を大切にするので「菌ちゃん野菜」と呼ばれているのですが、

虫も来ないので、農薬もいらないそうです。

しかも、菌ちゃん野菜を食べている子供たちは体温も免疫力もはっきりと上がり、

腸内環境が整って、気持ち的にも落ち着いているというのです。

なんだかワクワクしてきます。

 

次に心配なのが乳製品やお肉です。

養鶏や養豚のことはちょっとわからないのですが、

合成された餌ではなく牧草を食べて育った牛の出す乳(や肉)は、

一般的なものよりもおいしくて、はるかに体にやさしいのだそうです。

国内では、そういうものが増えるのではないでしょうか。

輸出元の国でも、飼料に回されていた穀物を人間が食べれば、食糧難が解決できるそうです。

 

実をいうとこれは、もう一つの大きな心配事とも深く絡んでいます。

「私たちが牛をたくさん食べることが、温暖化の大きな原因になっている。後戻りが不可能になる臨界点はもう目前で、あと数か月で何とかしなければならない危機に瀕しているのだ」

という話を聞いたのが今年の初め。ちょっと絶望的な気分になっていたのです。

でも、今回しばらく経済活動が止まったことで、状況はかなり変わったでしょう。

さらにこれから、肉の消費量が減れば…!

 

まさに、ピンチがチャンスに変えられるかもしれない…

そう思ったとき、私はすっかり興奮してしまいました。

 

 

でも、いずれも育つのを待たなくてはなりませんから、

それまでにこちらが飢え死にしてしまったら元も子もありません。

 

ここからは③で。





夢への道筋 ①2020/05/28 10:47

新型コロナの感染拡大を防ぐため、ということで

緊急事態宣言が出されてから、約1か月半。

東京も、やっと宣言が解除されました。

 

多くの国々がロックダウンして、

世界的に経済活動が止まりました。

解除されたあとには、

世界恐慌に突入するのではないかと言われています。

いろいろと不安な昨今です。

 

でも、国々の経済活動が止まっている間に、

いたるところで自然が息を吹き返したといいます。

どんなことにも、良い面と悪い面、両方があるのですね。

澄んだ空、鮮やかな木々の緑を見ていると、

怖いことなんか何もないと思えてきます。

 

 

悲しいこともあり、

不安な「おうち時間」ではありましたが、

とりあえずとはいえ

「経済よりも生命が優先される世の中」は、

かなり居心地が良い面もありました。

それは例えば、具合が悪かったら仕事を休む、

ということであったり、

少しぐらいの体調不良は、いきなり病院へ駆け込まずに家でゆっくりして治す、

ということであったり、

なるべく社員が満員電車に乗らなくて済むように、

企業が工夫する、ということであったり。

 

いまは夕方の6時。平日ですが、近所のおうちから、

お父さんと小さなこどもがお風呂で一緒に数を数えている、楽しそうな声が聞こえています。

リモートワークの影響でしょうか。

散歩に出かけると、お父さんに連れられたこどもたちとすれ違うことも増えました。

マスクもしているし、不安な時期のはずなのですが、

なぜかみんな、キラキラして本当に嬉しそうなのです。

 

 

この期間に私は、「自分が幸せに生きていくために必要な条件は、これまで思ってきたものよりもずっと少なくて、案外シンプルなんだな」

と思うようになりました。

原点に立ち返って、いろんなことを改めて考え直すような時間だったと思います。

恐れからスタートした思いはいつの間にか、希望へと変わっていきました。

 

それについては、また別の機会に書きたいと思います。





学年末の参観日でした2020/03/19 19:40

一昨日は、自主学校「遊」の、

オイリュトミーの学年末授業参観日でした。

 

こどもたちがのびのび動けるように、

一般公開の「発表会」はせず、

毎年、親御さんや専科の先生方だけが観客の、

授業参観という形にしています。

そのため、このような時ですが、迷わず開催しました。

問答無用でクローズする公的機関も多い中、

「自粛をお勧めしていますがどうされますか?」と尋ね、

希望すれば開催させてくれるホールに感謝です。

 

 

緊張しまくっていた私をよそに、

こどもたちは、のびのびとよく動いてくれました。

オイリュトミーをしているときには、

その人の本質的な部分が出ると思うのです。

もちろん、見る人が見れば、という部分もありますが、

その人その人の特徴、癖や、

いまどの段階にいるかということが、

はっきりと見えます。

私が、授業でいつも見ている姿なので普通だと思っている様子が、普段の姿しか見ていらっしゃらない親御さんたちには新鮮だったりすることもあるようで、

参観後に感想を伺って、逆に驚いたりもしました。

 

それにしても。

こういう節目の時に振り返ると、

子どもたちの成長が素晴らしくて、本当に感動します。

この頃は、

こどもの「伸びていく力」を信頼する、ということが

体感としてわかってきた感じがしています。

 

今年度は、

けっこうやりたいことができたと思っているのですが、

終わってみると、細かいところでおろそかになっていた部分に気づいたりもします。

反省を元に、来年度はもっとしっかりやろう!

と、学年末を前に、すでに張り切っています。

 



          やさしい色合いの、可愛らしいお花をいただきました

こまつ座『きらめく星座』2020/03/16 14:43

こまつ座の、『きらめく星座』を観てきました。

先に観た娘から「すごく良かった!ぜひ観てほしい」といわれ、このところ外出に消極的な夫も心が動いたようで、

説得を試みようとしたら一瞬で成功。

久しぶりで一緒に出掛けました。

時節柄、

予定されていた公演期間の半分は取り止めになったとか。

もったいない話です。

一人でも多くの人に観て欲しかったと思います。

 

まだ再演の機会もあるかもしれませんから、

ストーリーは書きません。

戦争中の話です。

なにしろ井上ひさしさんの脚本ですから、

いろんな考え方の人がいて、

それぞれがそれぞれなりに、まっとうに、人間らしく正直で(はないかもしれないけれど)誠実に生きている。

そんな、どこにでもありそうで、もしかしたら稀有なのかもしれない、場所。

考え方は違っても、お互いの気持ちを尊重し合うことで、

一緒にいられる。

一緒に時を分かち合うという、大切なことができる。

自分の信念、主義主張を大切にしながら、

時にそれをぶつけ合いながらも相手の人間性を否定せず、

それ以上に、家族への愛情を一義とすることで、

初めてかなう、多様な在り方。その貴重さ。

 

 

結局のところは、

どれだけ人と心を通わせられるかに尽きるのだな、

完ぺきに一つにはなれなくても、

人間同士として心を通わせられる人たちと、

どれだけ時間を共有できるか、ってことなんだな、

と、思うのです。

 

時代や、それぞれの運命に翻弄されながら、

どこまで、そういう

ささやかだけれど本質的な時間が過ごせるか。守れるか。

 

 

小心者で思い込みの強い私ですから、

途中の休憩時にはすっかり、

自分が何か、重大な秘密を隠し持っているような気分になって、ドキドキびくびくしていたのですが、

よく考えれば、劇場じゅうの観客はみな同じ条件な訳で。

あれだけの人たちがいっせいに、

同じ家族の運命にどきどきしたり、必死で幸運を祈ったりしているのだと思うと、

舞台、劇場というのはものすごい場所です。

 

このところ、個人的にちょっとバタバタしていたので、

一気に違う時空間へ行けて、

大きく息がつけるような、本当に貴重なひとときでした。

 

でも、

いとも軽やかに投げかけられたメッセージは、

ずっしりと重く。

それに、

はらはらしすぎて首が凝ったかもしれません。




           チラシです。  井上ひさし作 栗山民也演出 

うさぎ一家、集結!2020/02/17 11:22

昨年の11月初めに、アルコ・ムジカの発表会を観ました。

宮沢賢治の「貝の火」を中心に据えた会で、

出演者の一人一人が、

見事に役にはまって輝いていたのが印象的でした。

舞台から流れてくる「オイリュトミーをする喜び」に

共振して深く心を動かされ、

とても幸せな気持ちになりました。

 

アルコ・ムジカは、オイリュトミストの松山由紀さんが

ずっと指導してこられた方々を一つに結集したグループです。松山由紀さんは、私たちがオイリュトミーと出会った時の恩師で、アルコ・ムジカには、その頃一緒にお稽古していた「野のばら」のメンバーも加わっています。

やはりメンバーの一人だった親友が亡くなった時には、

追悼の会に加わらせてもらったこともありました

 

その「貝の火」が、67日に再演されることになったと

由紀先生からご連絡がありました。

ところがメンバーに異動があり、

主人公であるうさぎの子どもホモイの、お父さん役の方が

出られなくなってしまったそうなのです。

それで、代役を頼めないだろうか、と。

劇場で観た、知的で穏やかな優しさを湛え、でも強さも持った「うさぎのお父さん」は、

鮮やかに印象に残っています。

私にできるだろうか? え、「お父さん」? 男役?…

一瞬よぎった不安を、

「あの人たちと一緒にオイリュトミーができる!」という喜びが押し流しました。

由紀先生のもとでオイリュトミーができるのも、20年以上ぶりのことです。

 

1月中に2回、由紀先生から言葉のフォルムを伝えていただき、先日は初めて全員が集まるお稽古で、いろんな人との関係性と、「お父さん」の動く音楽のフォルムとを把握しました。

そして今週末。午後からの全体練習を控え、午前中はうさぎ一家が集まっての特訓です。

息子(!)の「ホモイ」さんからは、音楽の録音を送ってもらうなど既にたくさんサポートして頂いており、

先日の稽古では、妻である(!)「お母さん」の温かいサポートに助けられました。

一家の集結する金曜日が、とても楽しみです。




                   昨年のチラシです