佐藤雅彦著 『認知症になった私が伝えたいこと』2020/07/07 16:19

辛かった時に読んで、

助けになった本のご紹介、

2回目です。

 

今日ご紹介するのは、

佐藤雅彦さん著

『認知症になった私が伝えたいこと』

です。

 

この本もやはり、

若年性認知症を発症した方の

書かれたものです。

著者が日本人なので、より身近に感じました。

 

クリスティーンさんと同様に、

並外れた知性をお持ちの方です。

 

そしてやはり

クリスティーンさんと同様に、

頭を病んでいるからと言って、

人間扱いされなくなるのはおかしい、と

おっしゃっています。

 

全く、その通りだと思います。

 

これはちょっとずれるのかもしれませんが、

 

以前はよく、

老人介護にかかわる方々が

お年寄りに向かって

「〇〇しようね~」などと

子どもに話しかけるようにしゃべっているのを

見かけました。

 

テレビの人気司会者にも、

そういう方がいらしたと思います。

 

 失礼な話だ

と、いつも思っていました。

 

 お年寄りは、

身体は動きにくくなっていられるかもしれないし、

人によっては、

認知力が低下していらっしゃる場合も

あるかもしれない。

 

だからといって、

人生の先輩に向かって

若輩者が、

相手を見下したような言葉遣いをするのって

どんなものでしょう。

 

それは、

親しみの表現

などではありません。

 

 

いつだったか、

包括支援センターの方にそういう話をしたら、

いまは、

そういうことにも気を付けるように指導している、

とおっしゃっていました。

どうりで、

最近は減ってきた感じがしていました。

 

 

あ、話がずれました。

本の感想に戻ります。

 

 

この本を読んでとても印象的だったのは、

佐藤さんが、

一人暮らしを続けるため、

ご自分で、

さまざまな工夫をしていらっしゃることです。

 

忘れることを防ぐため、

そして、

忘れたときにも

困らないように、

いくつものステップで、

トラブル回避の工夫をされているのです。

 

 

著者の佐藤雅彦さんは、

NHK教育テレビの人気番組、

「ピタゴラスイッチ」などを生み出した方なのだ、と

聞いたことがありました。

 

実際は、同姓同名の別の方のようなのですが、

 

それを聞いたときは、

さもありなん

と思いました。

 

ボールが転がっていってこの板を押すと、

板が落ちてこの棒を押し、

その棒が次のボールを押して…

という具合に

次から次へと

目の覚めるような面白い展開があって

ことが進んでいく、

あの感じ。

 

発想が自由で、

おとなもこどもも

一緒にワクワクできる、

大好きな番組でしたが、

 

この本の著者である

佐藤雅彦さんの

日々の暮らしの工夫が、

まさにあの感じだったのです。

 

どちらも理系の方ですから、

共通するものがあったのでしょう。

 

ユーモアに満ちた、本物の知性。

 

あったかくって、

人間っていいなぁ

と思わせてくれるような

血の通った科学です。

 

 

 

大切なのは、

ただトラブルなくやっていくことじゃない。

 

生きている実感を持てる瞬間、

そう思える機会を作ること。

 

たとえば、

好きな音楽を聴くことであったり、

道端の美しい花を見ることであったり、

讃美歌の合唱の練習に通うことであったり。

 

佐藤さんは、

そのためにも

さまざまに工夫をされています。

 

 

 

「生きがい」なんて、

思っているほど

大きなものではなくて、

 

でもそれは、

ただじっと待っていたら

やってはこない。

 

工夫が、いるのです。

 

・・・・・

 

クリスティーンさんにしても

佐藤さんにしても、

 

素晴らしい方なのに、

認知症になってしまわれた

 

と考えることもできますが、

 

こんなに素晴らしい方だからこそ、

この人間界のうちの、

「認知症部門」を牽引していく担当者として

選ばれたのかもしれない。

 

 

こんな言い方をすると

ご本人は気を悪くされるかもしれないのですが、

 

つい、

そんな風に思ってしまいます。

 

この本を読んだとき、

なんだか霧が晴れたように

明るい気持ちになれたのです。



佐藤雅彦さんのHPはこちらです



 

 





『私は誰になっていくの?』『私は私になっていく』2020/07/03 11:58

母に、職員さんと間違えられたりもした去年の秋、

私は、

認知症の当事者さんが書かれた本を

何冊も読みました。

 

以前は、

認知症が進んでいっても

自分では

わからないこともわからないから

平気なのだ、

と思っていましたが、

母を見ていると、

そうではなさそうだったのです。

 

自分が、いろんなことを

理解できなくなっていっていることを

ちゃんと感じていて

とても不安に思っている様子でした。


それは、今もあります。

 

  

もし自分だったら、

と考えてみました。

 

私はもともと天邪鬼ですから

どんなことも、

他人(ひと)の言うとおりになんか

したくありません。

 

なんでも、自分で判断して

自分で選んでいきたいのです。

 

 

それなのに、

その、自分の判断力が

信じられなくなってしまったら…


ちょっと想像しただけでも

ぞっとします。

  

足元から、すべてが崩れていくような…

 

 

いったいどんな風に壊れていくのか、

どんなふうに、

何が残っていくのか

少しでも、

理解したい…

と思ったのです。

 

 

まず読んだのは、

クリスティーン・ボーデンさんの

『私は誰になっていくの?』でした。

おそらく世界で最初の、

認知症の当事者によって書かれた本です。

 

この方は若年性ですし、

一口に認知症といっても

いろいろありますから、

母の場合とは少し違うのですが、

とても勉強になりました。

 

 

まず、

認知症というのは、

もともとの頭の良し悪しに関係なく、

どんなに人並外れて優秀な方でも

発症することがあるのだ

ということ、

 

心がけが悪かったり、

頭を使っていないから

ぼんやりしていく

なんていうものでは全くない、

ということ。

 

 

これは病気なのだ、ということ。

身体の他の部位が病気になるのと、

同じことなのに、

場所が頭だっただけで、

人間扱いされなくなるのはおかしい

ということ。

 

 

できなくなることは、いろいろあるけれど、

進行の度合いによっては、

できることもけっこうある。

そしてその、できることは、

もともとの職能や経験、

持っている能力によって、

普通の人より

優れている場合だってある、

ということも。

 

 

一冊目の冒頭では、彼女の

離婚についても書かれているのですが、

とても驚き、

素晴らしいと思ったのは、

クリスティーンさんが、

一冊目が書かれてから

二冊目が書かれるまでの間に、

再婚していらしたことです。

 

だから、二冊目ではお名前が

クリスティーン・ブライデンさんに

なっています。

 

 

認知症でありながら、

パートナーがほしいと

紹介所に登録する

クリスティーンさんの

諦めない姿勢も

自分ならとてもできないと思ったし、

 

紹介されて出会い、

認知症のこともすべてわかったうえで、

パートナーとして、

最期まで寄り添う覚悟をする、

ポールさんの素晴らしさ。

 


人間って…

 

人生って…

 

 

 

実は、この本を読んだとき、

私はまだ、

いまほど、

母のことが好きではありませんでした。

 

一緒に暮らし始めたころは、

反抗期のしっぽをまだ引きずっていて、

本当は、

母に近寄りたくありませんでした。

 

それが、何年もかけて

少しずつ取れていき、

このころにはずいぶん

大丈夫にはなっていたものの、

まだ、今みたいな感じではなかったのです。

 

 

それが大きく変わっていくのに、

この時期に読んだ本たちが

影響していると思います。

 

 

何冊もあるので、

順番にご紹介していこうと思っています。


クリスティーン・ブライデン著『私は私になっていく』表紙


ドキドキしています2019/07/16 11:21

大好きだったのに、

引越してなかなか行く機会がなくなった本屋さん。

たまたま近くへ行ったので立ち寄ってみました。

平積みの本を見ていると、心惹かれる装丁の文庫本が。

手に取って少し読んでみたら、なんだか変わっていて面白そうです。

気晴らしがしたくて喫茶店にでも入ろうかと思っていたのですが、その本を買ったらすっかり嬉しくなって、そのまま寄り道せずに帰ってきました。

 

「あずかりやさん」という変わったお店を舞台にした連作短編で、一篇ごとに語り手が変わります。

その、語り手の選び方がユニークなのです。

夢中になってあっという間に全部読み終え、

思い切り後悔しました。

一日に一篇ずつと決めて、

ゆっくり味わって読めばよかった。

 

でも調べてみると、その本自体もシリーズの3冊目ですし、同じ著者の作品は他にも何冊も出ていて、なかには人気のシリーズものもあるようでした。

栃木の「うさぎや」という本屋さんから人気が出てベストセラーになったそうで、あの魅力的な装丁も、その「うさぎや」さんが企画した特別カバーなのだそうです。

面白い本屋さんがあるのですね。ぜひ行ってみたいです。

 

ネットを見ると、

あらすじが書いてあったりもしてしまいます。

私は、何も知らずに読み始められて良かったと思います。

自分だけでそっと浸っていたい、そんな世界です。

 

さっそく、同じシリーズの2冊はもちろん他の本も、

ネットで大人買いしました。

届くのが待ち遠しくて、

ちょっと恋でもしているような気分です。





BEAD ART Vol.20発売2017/01/11 21:30

BEAD ARTVol.20が発売になりました。

今号の巻頭特集は「ビーズ刺しゅう」がテーマでした。

華やかで繊細、とても美しい刺しゅうですが、ビーズと組み合わせたときの表現の豊かさも見どころです。

オートクチュールの衣装を飾るような豪華なものから身近な可愛らしいものまで、さまざまな作品が勢ぞろいして、ビーズ刺しゅうの「いま」が手に取るようにわかる特集となっています。

 

部分的とはいえ編集に関わっている私が言うのもなんですが、この雑誌は、いつも

情報のバラエティも質もともに素晴らしくて、

ビーズアクセサリーに関わる方はもちろん、

可愛らしいものや美しいものがお好きな方や、

「ものづくり」に関わるさまざまな方々に、

ぜひ読んでみていただきたい内容です。

 

下記のところでネット注文が可能です。

http://www.bead-art-kobe.com/

書店でお求めの方は、

全国のジュンク堂で販売されています。

ぜひお手に取ってご覧ください。

 




Bead Art Vol.15 が発売されました2015/10/11 16:37

私が編集に参画しています「Bead Art」の

15号が、発売されました。

 

今号の巻頭特集のテーマは、

Crystal Dream

   ―スワロフスキー・クリスタルを使って

です。透き通る輝きが秘める、夢の世界をご堪能下さい。

 

アトリエ訪問では、利魔さんを取材しました。

アフリカンビーズやアンティークレースのコレクターでもある

利魔さんの、独自の世界を垣間見ていただけます。

文化というもの、人の業にも思いを馳せた、意義深い取材でした。

ウタ・オーノさんの連載、今回のテーマはセラミックスです。

余合ナオミさんの連載は、もうすぐ刊行される本の制作裏話を。

 

毎号、自分が担当した以外の頁は本が出るまで読めませんので、新刊が届くとワクワクしてページをめくります。

今号も素晴らしい記事が満載でした。

 

下記のところでネット注文が可能です。

http://www.bead-art-kobe.com/

書店でお求めの方は、

全国のジュンク堂で販売されています。

ぜひお手に取ってご覧ください。