嘘つきアーニャの真っ赤な真実(A)2014/08/26 15:21

もう先月のことですが、

大学時代の友人たちと久しぶりに会いました。

待ち合わせは、たいてい同じ書店です。

少し早目についてなんとなく棚を見ていると、

米原万里さんの「嘘つきアーニャの真っ赤な真実」が

文庫になっていたので、

帰りの電車で読むために購入しました。

米原万里さんの本は初めてだったのですが、

いつもかっこいい高校時代の友人(女性です)が、

尊敬していると言っていたのを思い出したのです。

 

多感な少女時代をプラハのソビエト学校ですごした著者が描く、3人の元同級生との当時の思い出と、

30年後に、彼女たちの消息をたどって果たした再会。

著者のものを見る目の清澄さと

描き出される友人たちの生き生きとした個性、

そこにあぶり出される生身の東欧史に、

深く打たれました。

 

どんな歴史も、

一人一人の生身の人間の物語として捉えるとき、

初めて血の通ったものとなります。

福島のことも東京のことも、

ガザのこともイスラエルのことも、

シリアのこともアフリカのことも

世界中の、あらゆる場所のあらゆる立場の人々について、

なかなか生の声に接する機会はないのですが、

できるだけ、そういうスタンスで見ていきたいと、

あらためて思いました。

 

歴史が大きく動くとき、

人々の人生もそれに翻弄されます。

いま、この時代を、自分はどう生きていくのか…。

これから、

米原さんの著書をもっと読んでいきたいと思っています。





コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック