フォグ・ハイダ2014/08/06 15:02

図書館で予約していた本が、やっと届きました。

ひと月半ほど待ったでしょうか。

やはり人気のようです。

 

森博嗣さんの本と出合ったのはつい先ごろのことです。

電車に乗っている間に読むものがほしくて書店に立ち寄ったとき、きれいな装丁の本が眼についたのです。

文庫化されたばかりの「ブラッド・スクーパ」でした。

スクーパ? ああ、The Blood Scooper

普段なら、決して近寄らなさそうなタイトルの本です。

が、美しい装丁に惹かれ、なにか普段とは違うものを求めるような気分にも背中を押されて、ざっと解説に目を通し、初めの数ページを読んでみると、ちょっと不思議な、澄んだ空気が流れていました。主人公の在り方が魅力的なように思って購入しました。

 

電車に乗るのももどかしく読み始めると、独特の世界にすっかり引き込まれ、目的地についても、なかなかその世界から離れられなくて困るほどでした。

そのころ、立て続けに何冊か、深く心に響く本を読んで

いろんな思いが自分の中に渦巻いていましたが、

ブラッド・スクーパを読み終えたとき、

それが一気にぐるぐるっと大きく輪を描いてつながりあい、すとんと腑に落ちたような気がしました。

 

シリーズの2冊目ということだったので、すぐに一冊目の「ヴォイド・シェイパ」も買い求めて読みましたが、三冊目はまだ文庫化されておらず、図書館で予約しました。

他のものも読んでみたいと調べていくうち、森博嗣さんはすでにミステリの分野でものすごくたくさんの本を出している、たいへん人気の作家だということ、以前夫が映画を見て面白いといっていた、「スカイ・クロラ」(これもシリーズになっています)の原作者でもあることなどがわかってきました。最近、自伝的小説という触れ込みに惹かれて「喜嶋先生の静かな世界」も読み、「ヴォイド・シェイパ」や「ブラッド・スクーパ」を満たしている、独特な透明感の源泉に触れたような気がしました。

 

それが剣であれ学問の研究であれ、道を究めたいと思いつめる気持ちには、深く共感できます。

結局、人はそのために生きているのではないかとも思うのです。

 

フォグ・ハイダ、読み始めました。またあの世界に戻ってこられたという喜びがあります。森作品の口コミを見ると、中毒状態に陥っている読者が多いようなのですが、

うなずける感じがします。





フラニーとズーイ2014/08/09 17:10

夜、寝る前に本を読むのが習慣になっています。

やらなければならないことをすべて終えてベッドにもぐりこみ、本に手を伸ばす瞬間は、

ほっとする気分とわくわくする気分とがないまぜになって

まさに至福の時です。

 

すぐ眠くなってしまうこともあるけれど、

少しずつをじっくり味わうという、

昼間だとなかなかできない読み方も、

かなり気に入っています。

(面白すぎて眠れなくなることも、たまにありますが)

 

去年はもっぱらシュタイナーの基本文献を読み返していましたが、このところ、読んでいるのは小説です。

とても幸せなことに、

たてつづけに素晴らしい本と出会うことができています。

 

まず、サリンジャーの「フラニーとズーイ」。

ご存知の方には「ズーイ」で分かる通り、村上春樹訳です。

前半の「フラニー」を読んでいる間は、

数年前にやはり村上訳で再読した「The Catcher in the Rye」を思い出したりもしました。なんだか、よく知っているような気もする主人公です。

そして「ズーイ」。

ほとんどズーイに恋してしまって、何度か読み返しました。(短いのですぐに終わってしまいます)

「太ったおばさんのために靴を磨け」は、いまや座右の銘です。

 

それにしても。

ズーイが、こどものころから食事の前に必ず唱えてきたという「四つの偉大な誓願」が、法事などで親しんでいる「延命十句観音経」だということを、娘に指摘されて驚きました。

英語に訳され(たものがまた日本語に訳され)ると、

まったく違うもののように感じられます。

そんなものすごい誓いの言葉を、

ぼやぼやと唱えていたのか!

 

…というより、私の勝手な解釈が甘かったということでしょうか。

たとえば、煩悩無尽誓願断 って、

「煩悩ってきりがないですからね、ちょっとずつ断っていきたいと願っていますよ」ぐらいに捉えていました。

でも、「誓願断」というのは、

「断つことを誓願します」ということなんですね。

「煩悩がどんなに無尽蔵にあっても、断つことを誓います!」

なんて、とても言えません。

今度から、法事の時に困ってしまうかも…

と焦ったのですが、

もう一度「ズーイ」のその部分を読み返すと、

サリンジャー&村上訳は素敵でした。

「いかに無尽蔵に情念が存在しようと、それらを消滅させることを誓います」

なんだか、

これならひょっとしたらできそうな気がします。

おかしなものですね。

 

(あ、やはり「誓願」は、「そのことをこいねがうことを誓います」くらいの意味でしょうか…? それならできる! …かな?)

 




シェーナウの想い(A)2014/08/17 12:19

映画「シェーナウの想い」を観ました。

もう3年近く、観たいと思ってきた映画です。

 

ドイツの端、フランスとの国境に近い、

シェーナウという小さな町。

人口2500人ほどの、自然豊かな美しいところです。

チェルノブイリの事故で原発の恐ろしさに気付いた

ごく普通の住民が、自分たちの力で

市の、大電力会社との契約延長を住民投票で食い止め、

太陽光発電や自家発電装置からのエネルギーを買い取る電力会社を創り、

その会社と市との契約を、住民投票を経て勝ち取り、

多額の寄付を募って送電網を買い取り、

ついに、

原発で発電した電力を使わずにすむ暮らしを創り上げたことで、静かな田舎町が一躍有名になりました。

彼らの電力会社は発展をつづけ、顧客も増え続けているそうです。

 

美しい町でした。

素敵な人々でした。

そして、明るく、文化的で、創造的な、

運動の進め方でした。

もちろん、生半可な姿勢ではできないことですが、

運動自体が、有機的・人間的で、

そのために、関わっている人々が

運動で消耗するのではなく、

信じられないくらいの豊かなエネルギーを、

自ら生み出し続けながら進んでいるように感じました。

 

原発に対しても、

No をいう、という方向ではなく、

自分たちの望むもの、希望に対して、

Yes をいう、というやりかた。

 

求めていたのはこれだ、と思いました。

 

3.11以降、

「何もしなかったためにこんな事故が起こってしまった、

何かをしたい、しなければ」と思いつめながら

何をしようとしても、

どこかが違うという思いを捨てられませんでした。

でも、こういう方向ならばできる。

 

人は、

どこかで発電した電気をエネルギー源にして

生きているわけではありません。

世界を動かしている一番大きなエネルギーは、

人が

希望や目標、仲間たちとの交流によって

みずから生み出す生命の力、活力なのです。





それでも、日本人は「戦争」を選んだ・COCOON(Y)2014/08/18 14:52

前から読みたいと思っていた本2冊を読みました。

一冊は、加藤陽子さんの

「それでも、日本人は戦争を選んだ」

戦争は遠い昔のお話ではなく、

今を生きる私たちのリアルな問題なのだと実感させられました。目が覚める思いです。

もう一冊は、今日マチ子さんの漫画「COCOON」です。

沖縄のひめゆり学徒隊のお話。

人生で一番輝く時期に、残酷な現実に直面する少女たちの心情が切ないです。

2冊ともお勧めの本です。



嘘つきアーニャの真っ赤な真実(A)2014/08/26 15:21

もう先月のことですが、

大学時代の友人たちと久しぶりに会いました。

待ち合わせは、たいてい同じ書店です。

少し早目についてなんとなく棚を見ていると、

米原万里さんの「嘘つきアーニャの真っ赤な真実」が

文庫になっていたので、

帰りの電車で読むために購入しました。

米原万里さんの本は初めてだったのですが、

いつもかっこいい高校時代の友人(女性です)が、

尊敬していると言っていたのを思い出したのです。

 

多感な少女時代をプラハのソビエト学校ですごした著者が描く、3人の元同級生との当時の思い出と、

30年後に、彼女たちの消息をたどって果たした再会。

著者のものを見る目の清澄さと

描き出される友人たちの生き生きとした個性、

そこにあぶり出される生身の東欧史に、

深く打たれました。

 

どんな歴史も、

一人一人の生身の人間の物語として捉えるとき、

初めて血の通ったものとなります。

福島のことも東京のことも、

ガザのこともイスラエルのことも、

シリアのこともアフリカのことも

世界中の、あらゆる場所のあらゆる立場の人々について、

なかなか生の声に接する機会はないのですが、

できるだけ、そういうスタンスで見ていきたいと、

あらためて思いました。

 

歴史が大きく動くとき、

人々の人生もそれに翻弄されます。

いま、この時代を、自分はどう生きていくのか…。

これから、

米原さんの著書をもっと読んでいきたいと思っています。