身の回りをきれいにしながら環境浄化♪「地球洗い隊」の「とれるNo.1」2013/08/18 17:44

実は最近、とても気に入っている洗剤(のようなもの)があります。地球洗い隊」の「とれるNo.1」です。

 

環境を汚さない洗剤が使いたいと、ずいぶんいろんなものを試してきました。

洗剤自体が自然に還る、生分解性の高いもの、というのがまず第一条件。合成界面活性剤はNGですし、身体に悪さをしない、できるだけ自然な成分を使っていることも大切です。


その中で、例えば洗濯洗剤なら、洗い上がりの良さや部屋干しのときのにおいの具合など、使い勝手の良さを求め、あれこれ試してきました。粉せっけんはもちろん、変わったところでは、木の実で洗っていたこともあります。

結構長く使っていたのは、日本の、漢方を取り入れたという洗剤でしたが、この頃はいろんな国のさまざまなエコ洗剤があり、最近では、良い香りのするイタリアのものが気に入っていました。

 

ところがこの「とれるNo.1」は、普通の「洗剤」とは
発想が根本的に違うのです。

さっきから何度か、「洗剤(のようなもの)」と書きましたが、実はこれ、今の日本の法の下では(原材料が自然すぎて?)「洗剤」というカテゴリーに入れられないのだそうです(あまのじゃくの私としては、このあたりも気に入っています)。

主な原材料は、米ぬかとふすまと有益微生物、酵素だけ。

もともとは池の水質浄化のために開発されたそうなのですが、汚れもとてもよく落ちるので、洗剤として使いたいとの要望があって製品化されたとか。そのあたりは、地球洗い隊のHP に載っています。

他の洗剤は、その洗剤自体の生分解性はOKでも、

落した汚れそのものはそのままですから、どうしても環境を汚してしまいます。

でも「とれるNo.1」は、汚れ自体を微生物が分解しながら流れて行くので、川も、そして海も、使えば使うほどきれいになっていくというのです。

 

目からうろこでした。

そんなにいいものなら…と

とりあえず少し使ってみたところ、

使い心地もいい!

一番驚いたのは、換気扇のフィルターを洗った時です。

全体を湿らせ、粉末を振りかけてなじませ、少し置いておいたら、あのしつこい油汚れが、手で(宣伝が本当かどうか、素手でやってみました)すーっととれてしまいました。力も要らないし、手もべたべたになりませんでした。

いまは洗濯も、この粉末を一日水に浸けておいた溶液でしています。

ふんわり洗えるし汚れ落ちも良く、

部屋干しのいやなにおいも、発生しにくいようです。

そのうえ、嬉しいことにお値段も、以前使っていたエコ洗剤よりはかなり安くてすみます。

 

トイレそうじだけはいまでも、香りを楽しみながらお掃除できるイタリアの洗剤を使っていて、前に買ったものが無くなった時にどうするかは未定ですが、

それ以外は全部これに切り替えました。

とうとう決定版に出会った!と喜んでいます。



           この写真は、シュタイナー式の水質浄化装置です。


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック