夢への道筋 ①2020/05/28 10:47

新型コロナの感染拡大を防ぐため、ということで

緊急事態宣言が出されてから、約1か月半。

東京も、やっと宣言が解除されました。

 

多くの国々がロックダウンして、

世界的に経済活動が止まりました。

解除されたあとには、

世界恐慌に突入するのではないかと言われています。

いろいろと不安な昨今です。

 

でも、国々の経済活動が止まっている間に、

いたるところで自然が息を吹き返したといいます。

どんなことにも、良い面と悪い面、両方があるのですね。

澄んだ空、鮮やかな木々の緑を見ていると、

怖いことなんか何もないと思えてきます。

 

 

悲しいこともあり、

不安な「おうち時間」ではありましたが、

とりあえずとはいえ

「経済よりも生命が優先される世の中」は、

かなり居心地が良い面もありました。

それは例えば、具合が悪かったら仕事を休む、

ということであったり、

少しぐらいの体調不良は、いきなり病院へ駆け込まずに家でゆっくりして治す、

ということであったり、

なるべく社員が満員電車に乗らなくて済むように、

企業が工夫する、ということであったり。

 

いまは夕方の6時。平日ですが、近所のおうちから、

お父さんと小さなこどもがお風呂で一緒に数を数えている、楽しそうな声が聞こえています。

リモートワークの影響でしょうか。

散歩に出かけると、お父さんに連れられたこどもたちとすれ違うことも増えました。

マスクもしているし、不安な時期のはずなのですが、

なぜかみんな、キラキラして本当に嬉しそうなのです。

 

 

この期間に私は、「自分が幸せに生きていくために必要な条件は、これまで思ってきたものよりもずっと少なくて、案外シンプルなんだな」

と思うようになりました。

原点に立ち返って、いろんなことを改めて考え直すような時間だったと思います。

恐れからスタートした思いはいつの間にか、希望へと変わっていきました。

 

それについては、また別の機会に書きたいと思います。