ついに!「さとにきたらええやん」を観てきました2016/11/26 16:16

昨日、やっと「さとにきたらええやん」を観てきました。

やっと、というのは、

もうずいぶん以前、FBで友人が「とても良かった!」とシェアしているのを読んで、ぜひ観たい!と思いながら、なかなか果たせずにいた映画だったからです。

()観ていないのに他人には何度か奨めていて、自分は、いち早く観てきた娘からパンフレットだけ見せてもらっていました)

八王子のアミダステーションで自主上映されると知って、

ついに昨日、思いを果たすことができました。

 

高尾や八王子の近くには、すごく面白いことをやっているスペースがいくつもあって、その一つが、

八王子駅北口のお寺にある「アミダステーション」です。

とてもいい映画を見せてくれる企画がちょくちょくあって、以前、ペルーの素敵な料理人、ガストンさんのドキュメンタリーもここで見ました。

 

前置きが長くなりすぎました。いまは、「さと・・・」の話に戻ります。

 

この映画は、大阪市西成区、通称「釜ヶ崎」にある

NPO法人「こどもの里」のドキュメンタリーです。

出来事はたいてい、大勢のこどもたちの声が響いている場所で起こっているので、

会話が聴き取りにくいことも時々あります。

ナチュラルスピードの関西弁ですから、慣れていない方はなおさらでしょう。

でも、というか、それだからこそ、の臨場感があります。

リアル。

カメラを意識している姿も含めて、かなりリアルです。

 

「さと」があるのは、社会の歪み―お金持ちに有利なシステム、人を人とも思わないシステム―の、しわ寄せが最も強く表れる地区。

だからこそ残っている…のであろう、人間臭さです。

人のどうしようもなさと、あたたかさ、

弱さと、それを補って余りある強さ。

言葉の荒い人、不器用すぎる人はたくさんいますが、

言葉だけがきれいで心の冷たい人は、

この映画には出てきません。

 

とても切ないけれど、

「こどもの里」には、その切なさに、

どこまでも寄り添ってくれる温かさがあります。

この世界にいつまでも浸っていたくて、

タイトルバックが流れ始めたとき、ああ終わってしまう…と、とても悲しかった。

 

誰かわからない誰かに、そばにいるみんなに、

お礼を言いたいような気持ちで観ていました。

人間であることがしみじみ嬉しくなるような映画です。

もしどこかで自主上映があったら、

ぜひ足を運んでみて下さい。

 


  ※釜ヶ崎出身のラッパー、SHINGO★西成さんの音楽も最高でした♪
    心をやわらかく包んでくれる、とてもいい声です。


シーモアさんという音楽2016/10/10 18:15

「シーモアさんと、大人のための人生入門」

http://www.uplink.co.jp/seymour/

という映画を観てきました。

素晴らしい演奏家でありながら、50歳のときに(絶賛されていながら)演奏活動をやめ、以後ずっと(映画の時点で37年、そして今も)教師に徹しているピアニスト、

シーモア・バーンスタインさんのドキュメンタリーです。

 

まず、彼の演奏が、すごい。

心の襞の奥深くに隠れているものたちが、やさしく引き出されて愛撫してもらえるような、

あるべきものが、あるべきように存在させてもらっているような。

そして、彼の語る声と言葉が、非常に心地よくしみ入ってきます。

彼の教え子たちはもともとかなりレベルの高い人々なのですが、

アドバイスを受けて、演奏が見事に変わるのも壮観です。

 

もう一つ、なぜか強く感じたのは、人々の声の印象でした。

シーモアさんは、ある意味で恐ろしい人です。

ゆるぎなくどっしりといる彼の前にでると、

人はみな、自分の周りにまとっているものをあぶりだされてしまうようなのでした。

彼と何を語りあったか、ということよりも、

どんな声で語ったか、ということによって、

よりはっきりと。

 

サティシュ・クマールさんのドキュメンタリーを観たとき、印象的だったものの一つに、

大切なのは、何を「する」か(Doing)ではなくて

どう「ある」か(Being)

という言葉がありました。

頭ではわかっているつもりだったそのことを、

はっきりと 見せてもらった気がしました。

 

シーモアさんは、「自分の存在を、自分の音楽と一致させたいのだ」と言っています。

だから彼は、演奏が思うようにいかなかったときは4時間だった練習時間を8時間にしたそうです。

でも、練習にあまり時間を取られると自分自身の創作に割く時間がなくなってしまうので、演奏活動をやめたのだそうです。そして、創作をすることで、他の作曲家の作品を演奏することも以前より良くできるようになった、と語っていました。

そんなシーモアさんを見ていると、

何かを精一杯、全身全霊で「する」ことでしか「ある」ことのできない自分

というものがあるのだな、と思えてきました。

自分自身であるために、

シーモアさんにとっては、一人きりの、静かな暮らしが必要だったし、

演奏活動を通してではない形で音楽とかかわることが必要だった、

ということのようでした。

 

音楽のオイリュトミーをするとき

その音楽をどこまでも聴きとろうとするのですが、

その時に大切なのが、「無音」です。

音の中にある無音が聴けないと、本当にはその音楽が聞こえてきません。

彼の声がとても心地よく、深く心に入ってくるのは、

言葉が、とてもゆっくりと丁寧に語られるということもあると思いますが、

ひょっとしたら、

音楽の中にある、その「静けさ」が、

彼の声や、彼のあり方の中にまで浸透しているせいかもしれません。

彼はやはり、音楽になってしまった人なのです。

 

そして彼は、

曲の中の一つ一つの音符を奏でるときと同じように、

他人を受け止め、響かせます。

真摯に、誠実に。

生徒たちの演奏が劇的に変わるのも、

このドキュメンタリーを録った俳優のイーサン・ホークが救いを感じたのも、

きっとそのためだったのでしょう。

 

すごい人と出会ってしまいました。

 

 

 

 

 

*タイトルについて

原題は”Seymour: An Introduction”です。おそらく、サリンジャーの「Raise High the Roof Beam, Carpenters, and Seymour: An Introduction Stories大工よ、屋根の梁を高く上げよ―シーモア・序章」から取ったのでしょう。私も映画を観る前はそうでしたが、確かに、シーモアと聞けばシーモア・グラスを連想するファンは多いでしょう。それだけに、わざわざそんなタイトルにしなくてもと思いました。二人はあまりにも違います。ただ、「細やかな感受性を持ち、誠実、叡智があって、一つのことを深く追及している愛らしい変わり者」というふうに特徴を言葉にしてみると、共通だという考えも成り立つかもしれないのですが。 

それを別にして言葉の意味そのものだけを考えると、このAn Introductionは、いろんな意味を含んでいて、なかなかいい感じもします。そのニュアンスを日本語にするのは難しかったのでしょうか、日本語タイトルは、かなり残念な感じです)

 





おみおくりの作法2015/04/04 23:48

 

実は、かなり前に観た映画です。

とても印象的でしたので感想を書きたかったのですが、

いろいろなことがあり、ブログを書いている余裕がありませんでした。

もうとっくに終わってしまっているだろうと思っていたら、まだまだやっているどころか、公開9週目にして

ミニシアターランキング1位に輝いたとか。

今日から新宿でも観られるようになったというので、

今更ながらひとこと書くことにしました。

 

原題は「STILL LIFE

まさに、そうなのです。映画そのものの佇まいが。

新聞広告に

「たった1館の公開から、クチコミで感動が拡大中!」

とありました。

広まり方まで、この映画らしくて素敵です。

 

この「ジョン・メイ」氏に会えたおかげで、

なんだか、

生きるということの本当の意味が、

確認できたような気がしています。

 

たとえ誰からも評価されなくとも

人生の価値に欠けるところはないのだ、ということ。

丁寧に扱う、きちんと対する

そのことの、深い意味。

「愛する」ということのエッセンス。

 

最後のほうで息を飲みましたが、それ以外には

派手なシーンのひとつもない、本当に端正な映画です。

心の奥にそっと、けれどしっかりと入り込んで、

じっくりと温めてくれるような。

 

シネスイッチ銀座では17日まで、

新宿シネマカリテでは今日から公開だそうです。

全国各地で、ぽつりぽつりと公開中または公開予定のようです。




映画「小さき声のカノン」をみて2015/03/16 21:13


ひと月近くもご無沙汰してしまいました。

その間、実にいろいろなことがありました。

個人的に、かなり大きな出来事もありましたので、

もしかしたら、おいおいご報告するかもしれません。

今日は、一昨日みてきた映画のお話をします。

 

 

「小さき声のカノン」は、

原発事故後、福島の二本松で暮らしながら、こどもたちを被ばくから守ろうと活動しているお母さんたちを撮ったドキュメンタリー映画で、ベラルーシでの、現在まで続く取り組みも紹介しています。

 

鎌仲ひとみ監督の映画は、3.11の震災後、

「ミツバチの羽音と地球の回転」をみたのが初めてでした。私は首都圏の多摩地区に住んでいますが、とんでもない事故に驚き、逃げるのか、とどまるのか、日々葛藤し、

情報を集めていたころのことです。

 

本当は逃げたいと思ったのですが、

いろいろな要因があり、私は結局、逃げる選択ができませんでした。

もう、ここにいると覚悟を決めよう、と思ったものの、

実は今でも心が揺れ動きます。

こんなに離れたところでもそうなのですから、

福島に住んで、こどもを育てているお母さんたちの葛藤は

どれほど大きいことでしょう。

 

 

映画に登場していたのは、

迷いながら、とにかく今できることを精一杯やっている、

ごく普通の、まっとうな感覚を持った人々でした。

状況が異常なとき、そこでまっとうに生きるには、

ものすごいエネルギーが必要です。

 

たとえば、お母さんたちが草刈りを終えて、

「ハハレンジャー任務完了!」とにっこりしている姿。

そこだけを取り出せば、

どこにでもありそうな微笑ましい光景です。

でも、彼女たちが終えたその「草刈り」は、

こどもたちの通学路を自主的に測ってみつけた、

驚くような高濃度汚染の地点で、

少しでも線量を低くするために

草を抜き、土を掘る作業なのです。

 

にこにこ頑張っているお母さんたちですが、

特別な人たちではありません。

ものすごいストレスにさらされているのですから、

ちょっとつつけばすぐに泣き出してしまう、

私たちとおんなじ、

「ほんとうは弱虫」のお母さんだったりもします。

それでも、

私たちは生きなくてはならないし、

こどもを育てなくてはなりません。

だからお母さんたちは、

誰から何と言われようと、

にこにこ頑張らなくてはならないのです。

それは、あまりにも辛い現実であり、同時に、

人間というものへの希望でもあります。

 

 

以前とはまったく変わってしまった「いま」の暮らしを

どう生きていくのか

映画の問いかけは、「どこかの誰か」の問題ではなく

あの日からずっと自分に問いかけ続けている、

まったく私自身のものでした。

 

 

 

「小さき声のカノン」は、

いまは、福島と渋谷で同時公開されています。

各地で順次公開されるそうですので、ぜひご覧ください。

都内では、44日まで渋谷のイメージフォーラムでみられる予定だそうです。

監督と多彩なゲストによるトークショーも、頻繁に行われるようです。

 

みんなの小さい声が、かき消されてしまわないように、

たくさんたくさん重なって、美しいカノンになるように、

私も、

諦めずに自分のパートを歌っていきたいと思います。




              ※下の画像は、クリックで大きくできます!

年頭のご挨拶&「ル・アーヴルの靴みがき」2015/01/01 18:20

あけましておめでとうございます

昨年は本当に充実した一年でした。

自分のペースでゆっくり歩きたいと思うようになって、

あたりの景色を眺めながら気ままに歩いていたら、

森の中に心地よい場所が見つかって

そこで過ごすために道のないところを何度も通っていたら

知らない間に道ができていた…とでもいうような。

そしてその道は、

実は

前から行きたかったところへ通じているのかもしれなくて

素敵な道連れにも恵まれ、

今年は、まったく新しい場を創り上げることに

力を注ぐことになりそうです。

もともと、

出来上がったレールに乗って進むことは嫌いで、

自分で切り拓いていくことが大好きです。

ましてそれが、自分の夢に近づくことであれば、

これ以上のことがあるでしょうか。

 

 

 

今日は、本当に久しぶりに

夫婦でゆっくりとした時間が持てました。

編集の仕事で

年末に入稿しなければならない本を4冊かかえ、

夫は、暮れも押し迫った時期に

オイリュトミーの本番もありましたので、

ここ三か月ほどは本当にめまぐるしい日々でした。

 

久しぶりに二人で、

小雪のちらつく中、時間を気にせずにぶらぶら歩いて

近所の神社で初詣をすませ

暮れに届いていたDVDを観ました。

アキ・カウリスマキ監督の「ル・アーヴルの靴みがき」

という映画です。

ここ数年、

あらゆる情報の渦に飲み込まれそうになりながら

自分のスタンスを探し、

このところ、やっとみつけたように思っています。

巨匠の人間賛歌に、

「それでいいんだよ」と

背中を押されたような気持ちになりました。

 

注意深く、そして自由に、

人というものを信じて生きてゆきたいと思っています。

 

今年も どうぞよろしくお願い申し上げます