国立劇場のひのき舞台でオイリュトミーをします(エイプリルフールではありません)2019/04/01 19:09

5月25日に国立劇場で、

日本舞踊、インド古典舞踊、トルコ舞踊と、

日本のコンテンポラリーダンスを組み合わせた

「言葉~ひびく~身体
神々の残照-伝統と創造のあわいに舞う-

という大きな公演があります。

その最後の演目「いのちの海の声が聴こえる」で、

古事記の群読とマーラーの交響曲第5番の響く中、

錚々たるダンサーの皆さんが踊られる舞台で、

19名のオイリュトミストが、群舞をします。

その大群舞に、夫と私も加えて頂いているのです。

昨年の12月から稽古を重ねて来ており、いまは、

フォルム(空間を移動する大きな動き)が全部通って、音の動き(主に腕と手で行います)も一部乗り始めています。

 

 マーラーの交響曲第5番は、とてもドラマティックで起伏に富み、エネルギッシュな部分が続いたかと思うと、うっとりするほど美しいメロディや快活なところもあって、とても素敵です。ちょっと、映画音楽のよう。

オイリュトミーは1243つの楽章をほとんど動くので、第2楽章の最後に1分ほどのインターバルがある他は、

ほぼ45分間動きっぱなしです。

しかも、音楽が変化に富む分、すごく激しかったり、早かったり、ゆったりと見えてたくさん動いていたりする、過酷なフォルムばかりなのです。

 私は、十五年以上前のフォルトコースの最終公演で、シューベルトの弦楽四重奏曲「死と乙女」の30数分動きっぱなし、というのを経験しているのですが、それ以来の、というか、さらに10分以上長いハードさ。

あの時は、公演が終わったら体がすっかり変わっていて、「これはぜひキープしなければ!と思いましたができるわけもなく、残念な思いをしました。

今回はどうなるでしょう。

おそらく、キープするには同じようなペースで動き続けるしかなく、それは至難の技ですが…

今度こそやってみたいです。






発表会をします2018/12/23 23:25

今日は、年明け早々にある小さな発表会のお知らせです。

 

ここ数年、Duo Doubleと銘打って

連弾のピアニストご夫妻と一緒に公演をしていますが、

お二人と出会ったきっかけは、

ライアーの演奏者として奥様を紹介されたことでした。

その後2回、ピアノとオイリュトミーとで公演を共催しましたが、

実は、ライアーとのコラボもずっとしてきています。

三鷹で、ライアーで動くオイリュトミーの個人クラスを二つ開いていて、そのうちの一つでは、オイリュトミーのあと、私も一緒に生徒になって、7弦(ペンタトニック)のキンダーライアーのお稽古もしているのです。

 

年明け早々に吉祥寺で、

それらのクラスの合同発表会をすることになりました。

依田さんの所で学んでいる、大人のライアークラスの方々や語りをなさる方、ソルフェージュを学んでいる子どもさんたちとも一緒です。

ライアーによる音楽オイリュトミーの他に、

一年近くかけて学んだ惑星の動きも、詩と音楽で発表してもらいます。ライアーのために作曲された惑星の音楽が、とても不思議でいい雰囲気なのです。

また7弦ライアーの発表では、なんと依田さんのご夫君とうちの夫も仲間に加わって、大人のライアー3台に伴奏していただきながら総勢9人で演奏することになりました。

最後には依田さんご夫妻のピアノで、私たちも

「マ・メール・ロワ」から3曲をオイリュトミーで動きます。

 

あたたかな、いい雰囲気の会になりそうです。

なんとなくウキウキするような、

少しドキドキもするような…

一般の方にはご案内しない小さな発表会ですが、

みんなで集えることがただ純粋に嬉しくて、

喜びは、とても大きいです。




左は私のライアー。キットで購入し、本体を紙やすりで磨くなどして仕上げました。
右は依田さん所有のものを夫がお借りしています。

広い場所でのワークショップもスタートです2018/09/04 20:44

稽古場のある家に住むようになってから、もう3年が経ちました。小さなスペースですが、いつでも稽古できるので助かります。

作ったフォルムを動いてみたいとき、たとえ夜中でもすぐに試せるし、すきま時間に稽古できるのが本当にありがたいときもあり、ここがなかったらできなかっただろうと思うパフォーマンスがいくつもあります。

また、個人で教わりたいと言って下さる方もあって、

そういうニーズに柔軟に対応できるのも利点の一つです。

 

現在はグループでのワークショップも家でやっていて、

小さな空間なので人数が限られてしまうのですが、だからこその細やかさでその方その方に対応したやり方ができ、

ここに来てから、ワークショップ中の充実感や終わった後の達成感が以前より上がっている感じがします。

参加者のみなさんの動きや表情がどんどん変わっていくのは見事なもので、何度見ても感動的ですし、終わった時の、「はぁ~楽しかった!」とか「気持ちよかったぁ~」などという声を聞くと、冥利に尽きる感じがします。

 

というわけでプライベートなスペースがけっこう気に入っているのですが、思いっきり動く大きなフォルムや、大勢だからこそ味わえる力の流れもありますので、そろそろ、

広い場所でのワークショップも並行して始めたいな、と思っていたら、天井が高く、大きな窓から緑が見えて気持ちのいい、明るい体育室がみつかりました。

 

いまの、一人一人の方と大切に出会うかけがえのなさを失わないまま、

ダイナミックな動きも群舞の良さも味わえる

新しい境地が拓いていけたらと思っています。

というわけで、ご案内です。


初心者オイリュトミーワークショップ in 高尾
9月29日(土)10:00~12:00

受講者に合わせてきめ細かくご指導いたしますので、
まったく初めての方、運動が苦手の方でも大丈夫です。
場所:JR中央線・京王高尾線「高尾駅」北口より徒歩5分

※詳細はこちらをご覧ください




あきる野市のまほろばホールで開催した公演より。「亡き王女のためのパヴァーヌ」

オイリュトミー公演「月下の孤ズ人」2018/04/17 11:57

いよいよ、次の日曜日に迫ってきました。

オイリュトミー公演「月下の孤ズ人の本番です。

3年前に天使館の四期を卒業し、

専攻科のフォルトコースを昨年修了したオイリュトミストの、有志のみなさんが出演する公演で、

昔からの仲間、原さんが構成をしています。

 

どの期の方たちともなにかしら交流はありますが、

四期は特に、娘がお世話になっていたこともあり、

みなさんと個人的にも少しだけお付き合いがあります。

それぞれ、さまざまな人生経験をへて、

独自の世界を持っている素晴らしい方ばかりですから、

公演を観るたびにいろんな感動をもらってきました。

今回も、とても楽しみです。

.

日時:4月22日(日)19:30開演(開場は30分前)

場所:国分寺市立いずみホール

      JR中央線西国分寺駅南口ロータリー前

ご予約:tenshi_4th_reserve@yahoo.co.jp

.


その後のこと 12018/04/12 21:36

前回のブログ更新から、二か月あまりもの日が経ってしまいました。(昨日のものは夫が更新しています)

その間、実にいろいろなことがありましたので、

まずはざっとこれまでのことを振り返っておきます。

時系列ではありませんが、前回書いた「さくらまつり」のご報告から。

 

さくらまつり

今回集まったのは、いろんな期の卒業生がバランス良く含まれたメンバーでした。持ち寄った作品を並べただけなのですが、期せずして流れができており、悪くないプログラムだったと思います。

いろんな方がわざわざ観に来てくださって、本当にありがたかったです。

自分たちが主催する公演とは違って一曲にすべてが込められることには、嬉しい一方で恐ろしさもありましたが、

お祭りという場の空気に助けられて、のびのび動けたと思います。

終わってみるとやはり、新しい自分たちに出会えた感じがしています。新たな課題も見えました。

出番のあとは、スポーツ吹き矢を体験したりお抹茶をいただいたり。しっかりお祭りを楽しんで、とてもいい一日をすごしました。

 

オイリュトミーの授業参観

3月の中頃には、自主学校「遊」のオイリュトミーの授業参観もありました。

毎年学年末に、父母や関係者の方々にいらしていただいて、こどもたちとのオイリュトミーを観ていただきます。

今年は、会場の関係もあって昨年より短時間でしたが、

さまざまなドラマがあり、一年前のことを思うと夢のように成長してくれたこどもたちの姿に、

お父さまお母さま方もとても喜んでくださいました。

でも、誰よりも感激していたのは私かもしれません。

 

きれいな本

授業参観を終えてほっとしたのも束の間、その週の末には学年末発表会があり、前日までに「きれいな本」のメッセージを書かなければならなくて必死になりました。

「きれいな本」というのは、普通の学校で言えば通知表のようなものですが、

書かれているのは生徒の点数ではなく、

担任をはじめ各専科の先生方から一人一人への

心のこもったメッセージです。

どの先生もさまざまに工夫をこらして美しく描かれており、表紙は生徒自身が授業で描いた絵。

本当にきれいなのです。

出来上がったものを見せていただいたのですが、

表紙の絵がどれも素晴らしくて驚きました。

繊細でやわらかく豊かな色使い、内面がそのままあふれ出したような表現・・・

こんなに素敵な絵の授業を受けているなんて

子どもたちがうらやましいと、またまた思ってしまいました(遊ではちょくちょく思います)。

遊ができたばかりの頃、この冊子の呼び名がなかった時に、ある生徒が「えっと、ほら、あのきれいな本」と言ったのがきっかけで「きれいな本」と呼ばれるようになったというのも、いかにも遊らしい、素敵なエピソードです。

 

 

他にもまだまだいろいろあるのですが、

今日はここまで。

 

そういえば、春分を迎えて、

「今年はブログを頻繁に更新しよう」と思っていたのでした。なんといきなりの挫折でしたが、いまからでも挽回したいと思っています。

 

新学期も始まり、新しい気が満ちています。

さあ、今年度はどのような一年になるのでしょうか。

とても楽しみです。