車椅子だから楽しめた2020/06/30 18:32

日曜日のことです。

雨上がりの夕方、

母とお散歩に行ってきました。

 

お昼すぎまでは

ざあざあ雨が降っていたのです。

 

午後には、今週も

山口剛先生の治療がありました。

 

治療がすんで、

一息入れたころのことです。

私が、母の横でPCをカタカタ言わせていると、

突然、

母が不思議な動きをしました。

「どうしたの?」と訊くと

 

「外へ行きたい」

「外って、家の外?」

「そう。その辺。どこでもいいから」

「ふうん。じゃ、お散歩行こう」

 

近所の川まで

出かけてきました。

 

川沿いをずっと歩いて

御陵大橋を渡り、

陵南公園の中を通って。

 

 

犬を連れた人や、

親子連れがたくさんいて、

それぞれに楽しんでいます。

 

雨上がりの大気に、

川から上がってくる、さわやかな空気、

樹々や草の香り。

鳥の声と、

ず~っと聞こえていて、

全体を包み込んでいるような

川の音…

 

 

昔の母は、

こういうとき、大はしゃぎする人でした。

いまは、静かです。

 

でも、

楽しんでくれていたようです。

帰って来た時にも、

笑顔が輝いていました。

 

 

杖や歩行器を使っていたころなら、

こんなに気軽に

お散歩には来られなかったでしょう。

 

車椅子だからこその

楽しいひととき。

 

 

帰ってから小一時間ほどすると、

また雨が降ってきました。

思わず

「いいタイミングだったね!」

と言ったら、

 

真顔で、

「行いがいいからよ」

といいます。

ふざけているんだか本気なんだか、

よくわかりません。

 

でも、つづけて

「ほんとに気持ちよかったね。空気もよかったしね」

と言いました。

 

こんなに時間がたったのに、

ちゃんと覚えてくれている!

 

ちょっと感激でした。