えっ、車椅子になっちゃうの!?2020/06/04 12:21

先月のはじめごろ、母の入院している病院から電話がありました。

1月の末に大腿骨を骨折して手術し、いまはリハビリ病院にいるのです。

退院後は家で暮らす予定でいるのですが、

「今の状態を見て、退院後の方針を考えてください」と。

 

なんだか変な言い方だな…?

でも、久しぶりに会える!

 

新型コロナのせいで転院以来一度も会えず、

どうしているか、ずっと心配していたのです。

妹と二人、花を持っていそいそと出かけました。

ところが。

 

車椅子に座った母は、私たちを見ても喜ぶでもなく。

なんとなく不機嫌な感じで

「わたしは、自分の行きたいときにトイレへ行きたいです」と言うばかり。

 

「私たちがわからないの?」と訊くと、

「もちろん、わかるわよ」と、やっとすこし表情が動きました。

「でもね、私は、自分の行きたいときにトイレへ行きたいの」

「うんうん、そうだよね、わかるわかる」

「いま、行きたくなりました」

「えーっ、いま!?」

 作業療法士さんに連れられて、トイレに行ってしまいました。



母のいない間に、先生からお話がありました。

認知症の具合があまり良くないこと、

歩くのは数歩がやっとなこと、

二週間ほど前に、尿路感染で熱を出したこと。

 

転院の時には普通に会話できて、ニコニコしていたのです。

歩くのだって、前の病院では、

平行棒で最高12メートルまで歩けた、と聞いていました。

ここは、散々調べていろいろ見に行って選んだ、リハビリに定評のある病院です。

入院の時には、皆さんとても感じが良くて、

ここなら人間らしい対応がして頂ける!

しっかりリハビリを受けて、もっと元気になって退院できる!

と、希望を持っていたのでした。

 

どうして?

そんなはずは…!!!

 

しかも先生は、

認知症は来た時と変わっていない、

足の痛みはもともとあった変形性股関節症のせいだ、

とおっしゃいます。

尿路感染のことなんか、

忘れていて、一度立ち去ってから思い出して戻ってこられてのお話しでした。

 

いますぐ連れて帰りたい!

 

でもいまは、担当のケアマネさんがいないのです。

入院時に、順番待ちの方がいらっしゃるので…と、

これまでの方にはお願いできなくなっていました。

それに。

 

母は、夜中に何度かトイレへ行きます。

これまでは自分で行けていたのですが、

車椅子では、必ず介助しなければなりません。

 

はぁ…

どうしよう…

 

 

トイレから戻って来た母は、

ちょっと落ち着いていました。

持ってきたフラワーアレンジメントを渡すと喜んで、

初めて笑いました。

しばらくいろいろ話していたら、

やっといつもの表情が戻ってきました。

でも、私たちがちょっと作業療法士さんと話し始めたら、

うとうとしだしました。

 

こんな程度で疲れるのか…

 

とにかく、一日も早くケアマネさんを探してください!

とお願いして、後ろ髪をひかれながら帰ってきました。





コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック