小さな発表会2020/02/07 17:38

来週の火曜日、211日の祝日に、小さな発表会をします。

第一回は去年の15日でした。今年は二回目の開催です。

(いきさつなどは去年のブログに書いています)

 合同発表会ですので、

初めに、ソルフェージュを学んでいる子どもたちの

パフォーマンスや笛の演奏などがあって、去年はとても和やかな幕開けでした。今年も楽しみです。

ライアーを学んでいる方々の演奏には今年も、私たちも7弦でちょっぴり加わらせていただきます。

とっても素敵な、お話の語りとライアーを愉しんだあとは、いよいよオイリュトミーの発表。

音楽は、繊細なライアーの音にふさわしい身体を作ろうとお稽古してきました。

言葉の発表も、

風に揺れる木々の詩にはライアーの伴奏がついて、部屋の中に様々な風が吹きます。

「トゥーレの王」の発表では前と後とに笛とライアーの演奏があって、

遠い昔の王さまの世界へ、すーっと誘われるようです。

今年は他に、私も参加して言葉のトリオをすることになりました。「これはまさに、ライアーのことでしょう!」という、素敵な詩があるのです。

 

最後には、ご夫妻の連弾で私たちもオイリュトミーをします。今年は、ドヴォルザークの「スラヴ舞曲」から最終曲を選びました。

 

 

何を目標にするでもなく、

お稽古をすることそのものを楽しみながら、

積み重ねてきた日々。

発表会をするとなると、ちょっぴり意識が変わります。

そうしてふと客観的に感じてみると、

去年とは全く違っている自分がいたりもします。

その変化を味わいながら、

発表自体を一つの通過点として折りこみながら、

純粋に楽しめたらいいな、と思っています。




                昨年の発表会の様子です