国立劇場のひのき舞台でオイリュトミーをします(エイプリルフールではありません)2019/04/01 19:09

5月25日に国立劇場で、

日本舞踊、インド古典舞踊、トルコ舞踊と、

日本のコンテンポラリーダンスを組み合わせた

「言葉~ひびく~身体
神々の残照-伝統と創造のあわいに舞う-

という大きな公演があります。

その最後の演目「いのちの海の声が聴こえる」で、

古事記の群読とマーラーの交響曲第5番の響く中、

錚々たるダンサーの皆さんが踊られる舞台で、

19名のオイリュトミストが、群舞をします。

その大群舞に、夫と私も加えて頂いているのです。

昨年の12月から稽古を重ねて来ており、いまは、

フォルム(空間を移動する大きな動き)が全部通って、音の動き(主に腕と手で行います)も一部乗り始めています。

 

 マーラーの交響曲第5番は、とてもドラマティックで起伏に富み、エネルギッシュな部分が続いたかと思うと、うっとりするほど美しいメロディや快活なところもあって、とても素敵です。ちょっと、映画音楽のよう。

オイリュトミーは1243つの楽章をほとんど動くので、第2楽章の最後に1分ほどのインターバルがある他は、

ほぼ45分間動きっぱなしです。

しかも、音楽が変化に富む分、すごく激しかったり、早かったり、ゆったりと見えてたくさん動いていたりする、過酷なフォルムばかりなのです。

 私は、十五年以上前のフォルトコースの最終公演で、シューベルトの弦楽四重奏曲「死と乙女」の30数分動きっぱなし、というのを経験しているのですが、それ以来の、というか、さらに10分以上長いハードさ。

あの時は、公演が終わったら体がすっかり変わっていて、「これはぜひキープしなければ!と思いましたができるわけもなく、残念な思いをしました。

今回はどうなるでしょう。

おそらく、キープするには同じようなペースで動き続けるしかなく、それは至難の技ですが…

今度こそやってみたいです。






コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック