とんでも勘違い 1―のびをすると?2018/10/04 20:25

子どもの頃に経験した、小さな、でもとんでもない勘違いのことを書こうとしたら、

変なことまで思いだしてしまいました。

こちらを先に書いてしまいます。

 

私は、小学生の時に「のび」をすることをやめました。

きっかけは、

ある全校集会の時に他所からいらした偉い先生が、

「さあみんな、思いっきりのびをしましょう!

 のびをすると背が伸びるんだよ!」

とおっしゃったことです。

その時、小学生(低学年)だった私は思いました。

「のびをする時に伸ばすのは上半身だな。

 それで背が伸びたら、きっと胴長になってしまうな!」

母から「あなたはお父さんに似て胴長ね」

と言われていたことが、気になっていたのです。

 

今思えばあまりにも馬鹿げているのですが、

本人は必死です。

普通ならいつの間にか忘れてしまうでしょうし、少し考えてみればわかりそうなものですが、

なにしろ、一度思いこむと問答無用で徹底する性格です。結局かなりの年齢まで、気持ちよくのびをすることを自分に禁じたまま成長しました。

どうしてものびがしたくなった時は、縦に伸びないように手を左右に伸ばす工夫をしたりまでして

(涙ぐましくも、あまりにも間抜けな努力!)。

ちょっと、

ちびまるこちゃんの世界みたいな気もしますが…

 

とんだ勘違いでした。

小さな思い違いではあるのですが、

この代償は、結構大きいのではないかと思っています。

やれやれです。