映画『この世界の片隅に』のDVDを観て2018/08/14 18:05

今朝はちょっと、くたびれていたのです。

暑い日が続いたせいもあるでしょう。

このところ仕事も忙しかったし、いろいろと手を広げてしまって、

「やりたいこと」だったものが、いつの間にか

「やらなければならないこと」になってしまっていました。

それでも、ちょこちょこと気晴らしをしながら

そこそこいい感じでやっているつもりだったのですが、

とうとう、身体は特にどうということもないのに、

どうしても必要なことだけをすませると、

もう何もする気がしないのでした。

(お盆なのも関係していたのかもしれません)

 

「ああ、こんなときは映画を観ればいいのだ」と思いつき、夫に言うと、「じゃあこれを観よう」と、

ずいぶん前から「観ようね」と言いながらそのままになっていた

『この世界の片隅に』のDVDを出してきてくれました。

 

いまはもう、観終わって少したったのですが、

それでもまだ、さまざまな思いがあふれて、とても言葉になりません。

思いつく言葉をとりあえず並べてみたら、どれも浅く空々しい感じがして。

いま、こうして生きているということの有難さが

身に沁みました。

普通でいる、ということの大切さをかみしめて、

これから生きていくために、大きな力をもらった感じがしています。

 





コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック