遊ウィーク ―1―2018/07/15 12:42

書きたいこと満載の、つまり大変多忙な日々…

ようやく、一息ついたところです。

まずは、6月末(!)の一週間について。

 

24日の日曜日は、「自主学校 遊」の夏至祭りでした。

二組の、同じ日に生まれた双子の兄弟が生き別れになり、

エフェソス(天使館でオイリュトミーを学んだ人々には、なじみ深い名です)の町で出会った・・・という、

シェークスピアの

「間違いの喜劇(The Comedy of Errors)」と、

それを基に野村萬斎さんが狂言にした「間違いの狂言」

とを合体させた台本です。

ややこしやぁ~ ややこしやぁ~・・・

わたしがそなたで そなたがわたし

そも わたしとは なんじゃいな・・・と、

笑いながらもなにやら奥が深いのです。

最後の方にオイリュトミーのシーンもちょっぴりあり、

事前に何度か、稽古に通ったりもしました。

 

楽しかったぁ~!

というのが、観終わった感想です。

遊の子は本番に強い!という話なので、

どうなるのかな、というハラハラはとりあえず脇に置いて落ち着いて観ました。やっぱり心配はいらなかったです。

こどもたちは本当に生き生きのびのびと、

楽しそうに演じていました。

それぞれに沢山のセリフがあり、

しかもみんなのセリフをみんなが覚えている(!)

すごいです。

こうやって一つの舞台をみんなで作りあげることで、

深いところでの結束が強まったり、助け合う気持ちが育まれたりするのでしょう。

・・・なんていう固い話は抜きにして、

とにかく「いいなぁ!」と思いました。

 

その翌日は、途中入学の、1年生1名と6年生2名、

3名の生徒さんの入学式でした。

遊の校歌はいくつかあるようなのですが、どれも素敵な歌です。この日は第1校歌と第3校歌を。

上級生がウクレレを弾きながら歌う姿も堂に入っていて、

かなりの感動ものです。

一人一人に、これから毎日使う勉強机(もちろん木製で、手作りです)の贈呈があり、在校生や参加している先生方から、それぞれなにか一つずつ、新しい仲間にプレゼントの芸(?)をします。在校生からは手品、なぞなぞ、笛の演奏、詩の朗誦など…専科の先生方からは、英悟の詩の朗誦やグラスハープの演奏、三振の弾き語りなどもあり、

とても和やかで温かい、そして感動的な式でした。

 

その翌日はオイリュトミーの授業でした。

日曜日から休みなしなのに、子どもたちはいつものように楽しそうで元気いっぱい。

ちょっぴり、いつも以上にテンションが高めだったかもしれません。

 

この週は、気づくと毎日のように遊に通っていました。

水木は行かなかったのですが、

水曜日は、金曜日のために下見に行ってきました。

そして、金曜日。

そのお話は、「その2」で。




      入り口の黒板。前日まで夏至祭りのことが書いてあったので、
      朝一番で子どもたちが描きなおしていました。