自由ということ―「板東 靜 海の見えるホールでFazioliを弾く」2018/05/30 21:15

昨晩は、すてきなコンサートに行ってきました。

会場は、豊洲駅からすぐ。

海が近いという利点を最大限に活かした作りで、

舞台の上手横と後ろが、一面窓になっています。

コンサートはちょうど日の入りの時刻頃から始まって、

音楽とともに、暮れてゆく外の様子も

楽しむことができるように配慮されていました。

第一部の前半、高野山の開山1200年記念イベントのために創られた、彼女のオリジナル曲が演奏されていたとき、

そこに繰り広げられる、深い山と自然、

すべてを包み込む清らかな気、修行の世界と、

目の前にある客席や舞台と、そして

窓の外のずっと向こうに、

海の近くを散歩する

人や自転車のシルエットが小さく見えて、

都会の何気ない日常と、舞台、自然、精神的な世界が

自分の中で一つに溶けあいました。

稽古をしたりして精進することと、舞台と、

いろんなことのある日常の生活と、

そのすべてがあって、私の世界が成り立っている。

どれかがどれかを邪魔していたり圧迫していたりするのではなく、丸ごと全部で愛しいものなのだと、

音と光を通して全身で感じられたのが幸せでした。

 

すっかり暮れてしまうと、

先ほどの散歩道よりさらにずっと向こうに

ちょうどいい距離感で

レインボーブリッジをはじめとする夜景が

煌めいて見えます。

思春期を過ごした横浜にちょっと似ているような気もして、来し方行く末を、思うともなしに思っているような、

心地よい時間を過ごしました。

 

「次世代型マルチリンガル音楽家 来地球記念ソロコンサート」

という、初めて見たときには一瞬驚いたサブタイトルは、

まさに!という感じ。

関西弁で、インドでの経験談などを交えながら繰り広げられるのは、

さまざまなハイテク機器を駆使し、

波紋のように音の波動をひろげる、人肌の温もりのある楽器と、響きの素晴らしいピアノを使って

日本語と英語と、私の知らない(アジアっぽい?)言語の、時代も国もさまざまな、歌や音楽たち。

 

その世界に浸りながら思っていたのは、

「自由」ということでした。

枠にとらわれず、いつも幼子のような感性でそこにいる

靜さんを通して生み出された音楽の世界は、

自由でありたい、と、

こだわりながらだんだん不自由になっていっていた私を

解き放ってくれました。

 

そしてもう一つ、届いたメッセージは、

数年前に座右の銘にしていたこともある言葉

Be Yourself.

 

誕生日の直前、

幸せな満月の夜を過ごして、

また、新しい自分になって歩きだせそうです。

 





コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック