「春の狂詩曲」無事に終わりました2017/04/11 16:44

おかげさまで、

先週の火曜日、44日に開催しました

Duo Double 「春の狂詩曲」が無事に終了しました。

 

年度初めの火曜日という悪条件にもかかわらず

たくさんの方にお越しいただけて

本当にありがたいことでした。

 

お運びくださいました皆様、

また、遠くから心を寄せて下さいました皆様、

支えてくださったスタッフ、

すべての方々に、心からお礼申し上げます。

ありがとうございました。

 

当日は、会場もお客様もとても温かい雰囲気で

本当にありがたく思いました。

いまここにあること、舞台に立てていることへの

感謝の思いで、最後まで動くことができました。

 

稽古期間には様々なことがありました。

寝込んだり膝が痛くなったりという肉体的なこともありましたが、一体自分はどうなってしまったのだろうと思うほどの大スランプに陥ったのが一番つらかったです。

 

どうも、

自分がいろいろな面で変化してきているようなのです。

本番の日が近づき、

スランプから脱しようともがいていたころ、

ふっと昔の感じがよみがえることがあり、

普通なら、「お、感覚が戻った、これでいける」

と思うところなのでしょうが、

そうではなくて、

以前の自分のありかたが今の自分とはずいぶん違っていた

ということに驚きました。

変わってしまっているものは仕方ないので、

今の自分でどう動けばいいのか、

さらに手探りが続きました。

 

無事にスランプを脱したのか、

元に戻った部分はあるのか、

新しくなった部分はあるのか、

結局のところはわかりません。

いま言えるのは、

当日は沸き起こる圧倒的な感謝の念とともに動いた、

ということだけです。

 

いずれにしても、手探りは続きます。

おそらく、オイリュトミーをしている限りずっと。

結局は、そういうことなのだと思っています。