「春の狂詩曲」制作ノート―12017/03/21 11:40

先月末から風邪で寝込み、

パソコンを開かない生活がしばらく続いた。

実はまだ、完治したかどうか怪しいのだけれど、

家族の力を借り、今までより少しゆっくり生活することで

稽古をしながら生活が回せるようになっている。

 

と、いうわけで、久しぶりのブログ更新になった。

休んでいる間に、書きたいことがたくさん流れていった。

とても残念だ。

 

 

・・・実はこの「残念だ」は、

春の狂詩曲の中で取り上げたテキストに出てくる言葉だ。

なんということもない、ごく普通の一言だけれど、

このごろ、日常生活の中で折に触れ使いたくなる。

もう一つの「満足している」という言葉とともに、

小さなマイ・ブームになっているようだ。

 

これらの言葉が使われているテキスト「仕事ばんざい」は、13歳で金具職人の徒弟になった少年の日記だ。

第二次大戦直後の、

占領下にあったイタリアで書かれたものなのだが、

菓子パンをもらったことが嬉しそうに書かれていたりはするものの、戦争の傷跡は、日記からはうかがい知れない。

同じ敗戦国なのに、日本と比べるとずいぶんのんびりしている気がして調べたら、ある歴史家の分析で、

イタリアは「負け上手」なのだ、という記述を見つけて唸った。

 

日・独・伊…敗戦の仕方も、戦後の歩みも、ずいぶんと違っている。

気質の違いもある気がするけれど、

国家を動かす人々には、なによりもまず、

「国民を守る」ための手段を、

冷静に、したたかに考えられる人であってほしいものだ。

自分みたいな単細胞にはとうてい務まらないな、

と思いつつ、そんなことを考えた。




コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック