懐かしいひととき2017/01/23 23:04

昨日は、ペルセパッサ・オイリュトミー団の公演「響身」で、受付をしました。

夫も照明でお手伝いしており、

午後の部が終わって夜の部までの間に、

懐かしい仲間たちとみんなで歓談する時間がありました。

 

私たちの卒業したのはオイリュトミーシューレ天使館の

第2期で、入学が1998年のことですから、なんと、

もう20年近くになるのです。

シューレの卒業公演からは15年。

卒業後のフォルトコースは2年でしたが、

その間に年3回か4回ずつ公演をしており、必ず群舞もありましたので、

「当時はほとんど毎晩、時には午後も稽古があったね」

という話になりました。

ぶつかり合ったり、助け合ったりしながら、

無我夢中でがむしゃらに走り続けた日々でした。

 

長いような短いような年月ですが、

ずいぶん遠くまで来た感じがします。

シューレ、フォルトと、

大きく変化していく日々を一緒に過ごした仲間は

何物にも代えがたいと、つくづく思います。

そういえば昨年末にあった新保さんのソロ公演でも、

ずっと会えていなかった仲間の一人と再会することができて、大きな喜びでした。

 

 

昨年後半はとても忙しかったので、

お正月にちょっと一息いれ、そろそろと走り出したところですが、

全速力モードに入る前に、もう一度、

懐かしい仲間と来し方行く末を確かめるような、

貴重な時間でした。