やっぱりオイリュトミー2017/01/04 18:06

あけましておめでとうございます

今年もよろしくお願い申し上げます

 

みなさま、どんなお正月を過ごされたでしょうか。

 

ここ高尾は、穏やかなお正月でした。

元日は、今年も御陵へ行ってきました。

いつ行っても、清浄な気の流れる素敵なところです。

混み過ぎないし、

川を渡って気持ちよくお散歩しながら行けるので

まったりと過ごすお正月にはぴったりです。

今年は、脚が不自由になってきた母のために、

入り口の事務所で車いすを貸していただきました。

私たちの様子を見た通りすがりの方が、

車いすが借りられると声をかけてくださって、

とても助かりました。

人の温かさに和みます。

 

 

脚といえば、昨年の暮れから、私も少し脚の付け根が痛くて、平らなところではほとんど痛まないので普段は何ということもないのに、階段を上るときには、痛いし力が入らなくて、手すりにすがったりしていました。

4月のはじめに公演を控えていますので、

いろいろと手は尽くしてみたのですがはかばかしくなく、

ちょっと困ったなぁ、と思いながら年を越して、

年明け、様子を見ながら稽古で動いてみました。

初めのうちは、この動きだと痛いのだな、と確認しながら、少し小さく動いて調子を見ます。

元気な筋肉が頼りになって、ありがたさが身に染みます。

最後のほうは難しい曲になり、夢中になっていたのですが

ときどきチラッと傷むほかは案外大丈夫で、

傷まない動きのコツがわかったのかな、などと思いながら稽古を終えました。

 

稽古後、部屋へ戻ろうと階段を上ってびっくり!

脚はつかれているのに、

痛みがほとんど無くなって手すりなしでも上れたのです。

なんだか、キツネにつままれたような気分でした。

そういえば一昨年、引越しで無理をして腰が痛くなった時にも、ワークショップで基本的な動きをしたら治ったことがありました。

力仕事の不自然な動きでできてしまった身体の歪みが取れたせいだろうと思っています。

今回も、外傷もなく突然傷み始めたのですから、やはり身体の歪みが原因だったのでしょうか。

 

やっぱりオイリュトミーってすごい…

と思ったり、

オイリュトミーの神さまから、

「稽古しなさいよ」と言われたような気がしたり。

 

 

なにはともあれ、

「自分にはやっぱりオイリュトミーなのだ」

と再確認して一年を始められたのは、嬉しいことでした。

 

 

                               御陵にて



            今年は玄関にも庭の花を活けてみました

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック