お母さんのためのシュタイナー教育のお話「おいしいことば」2015/11/02 23:02

8日日曜日、11時から

絵本とおはなしのみせ「おばあさんの知恵袋」にて

お母さんのためのシュタイナー教育のお話

「おいしいことば」を開催します。

 

今月のテーマは、

「フォルメン線描」です。

 

フォルメン線描は、

シュタイナー教育に欠くことのできない大切なものの一つです。単純な線を繰り返し描くことで、美しい模様ができていきます。

以前、土曜クラスで指導しようと

準備のために家で描いていたら、いつの間にか自分がすっかり癒されて、驚いたことがあります。

曼荼羅を描いているような効果があり、心が落ち着いて、集中力が増します。

身体の隅々にまで気がいきわたる感じもあります。

今月は、このフォルメン線描に、ゆっくり取り組んでいただきたいと思っています。

できるだけ、お母さんお一人でお越しください。

 

  

☆日時:118日(日)11時から40分ほど

☆場所:絵本とおはなしのみせ「おばあさんの知恵袋」

(国分寺南口徒歩2分)

※お店ではなく、マンションのお部屋の方です。

   お店に声をかけてくだされば、ご案内いたします。

☆参加費:1000

  

お申込み、お問い合わせは、

Lands and Skies 尾崎まで

 

場所や今後の予定などの詳細については、
 ホームページ

講座・ワークショップのご案内でご覧ください。

 




町内会の運動会2015/11/04 13:00

一昨日の雨から一転して気持ちのいいお天気だった昨日、

いま住んでいる町内会主催の、運動会がありました。 

 

ご報告が遅くなってしまったのですが、私たちはこの秋、

国分寺から高尾へ転居しました。

家は駅からも近いですし、一応街中なのですが、

視線を少し上げると高尾山が見え、山の空気が漂います。

山をちらちら見ながら5分も歩くと魚釣りもできる川に出るので、駅からの帰りは、ちょっぴり遠回りをして川沿いに歩いたりもします。すぐについてしまうので、もう少し足を延ばしてお散歩することもしばしば。

土地の気がいいせいか、住んでいる人々もとても気のいい方ばかりで、居心地は最高です。

 

国分寺近辺でのワークショップなどがあるのでときどき出ていくと、国分寺は、なんと華やかな都会ではありませんか。電車で通うのがまた新鮮で、自転車で行き来していたときには見落としていたものが見え、新たな魅力をみつけたりして、なんだか得した気分です。 

 

運動会まである町内会に所属するのは初めての経験で、

昨日はさっそく、母と一緒に覗いてきました。

仕事があったので午後からの参加でしたが、

誘っていただいたので競技にもちょっぴり参加し、

ニンジンとバナナを釣りあげて、もらってきました。

こどもからお年寄りまでけっこうたくさんの人がいて、

皆とても楽しそうに和気あいあいとして雰囲気もよく、オープンな感じで新入りでもすぐに溶け込めて、

とても楽しかったです。

高尾山の樹々も紅葉して、

これから高尾はさまざまな催しが目白押しのようです。

ますます楽しみになってきました。









新刊が発売されました2015/11/05 12:03

「はじめてでも必ずできる 飾り結び」(世界文化社刊)

の編集をしました。

日本の伝統文化の一つである「飾り結び」の本です。

著者は永井亜希乃さん。茶器の袋物を制作なさる先生で、

センスの良さが抜群です。

 

基本の結びを丁寧に写真で解説しています。

いろんな工夫がしてあって説明がとてもわかりやすく、

本当にまったく初めての私でも、

全部きれいに結べました。

アイデア次第でいろんな使い方ができそうです。

 

もともとは和の結びですが、

生活のいろんなシーンで活用できそうな、

モダンでおしゃれな作品がたくさん掲載されています。

 

全国の書店で発売中です。






新刊発売!「やさしくできるおしゃれな 和布・きものリメイク」2015/11/14 22:47

私が編集しました、

「やさしくできるおしゃれな 和布・きものリメイク」

(主婦の友インフォス情報社刊)

が、11月13日に発売になりました。

 

若い方々にもきものリメイクが楽しんでいただけるよう、

若い作家の方々にも登場していただいています。

簡単な縫い方でおしゃれなものを中心に

異素材と組み合わせたデザインも取り入れ、

広い年代の方に着ていただけるようにと配慮しました。

 

編集にあたっては、

いろいろと紆余曲折がありました。

この本が世に出ることが出来ましたのは、

関わって頂いた多くの皆様のお陰です。

心から感謝しています。

 




プチムチウチ→いちょう祭りへ2015/11/22 18:32

梓です。

昨日と今日、高尾ではいちょう祭りが行われました。

すぐ近所ですし、こちらへ越してきて体験する初めての大きなお祭りなので、楽しみにしていました。

ところが、おとといの夜ちょっと足を滑らせ、

プチムチウチで寝込む羽目に。

昨日はタクシーで近所の外科へ行っただけで、

行きたかった二つのイベントも、結局どちらにも行けず。

 

ベッドにいても、楽しそうなお祭りの音は響いてきます。

でも、家族の協力のおかげで何もせずに寝ていられたので

今日の午後には大分回復し、

そうなったらもう、我慢していられません。

晴れていちょう祭りへ行ってきました。

 

行ってみたら、想像以上の大規模なお祭りでびっくりしました。

どこのお祭りにもあるような屋台でも、種類が豊富だし、

近所の大学のサークルが出している社会派ボランティア系のものや、

自治会や近所のお店独自のものもあって面白く、

甲州街道から浅川沿い、陵南公園内(野球場も含め)と、

その広がっている範囲も半端ではありません。

 

一番感激したのは、やはり踊りです。

いくつもある会場のそれぞれで、

近隣の各市から駆けつけたたくさんのグループが

次から次へと入れ代わり立ち代わり踊ります。

下は4歳から上は76歳までなのだそうで、

本当に、実に幅広い年齢層の人々がいて、

誰もが楽しそうなこと!

 

首を庇いながらも身体が自然に動きだし、

この人たちがずっと幸せに踊れる世の中であってほしいと、思わず知らず祈っていました。