ゴール。そして、スタート。2015/01/17 16:16


昨日、一昨日と、

オイリュトミーシューレ天使館第4期生の

卒業公演がありました。

 

先生をはじめ、スタッフや諸先輩、

たくさんの方々のお世話になり

たくさんの方々にお越しいただき

全ての力が結集して成り立った、

とてもいい卒業公演でした。

父母の一人として、心から感謝しています。

 

本番に至るまでの4期生たちの頑張りは、

すごいものでした。

見事に結実していたと思います。

感動をもらい、力をもらいました。

たくさん学ばせても もらいました。

素晴らしい人たちです。

彼女たちと濃密な4年間を過ごせた娘は、

本当に幸せだったと思います。

 

そして何よりも、

この4年間、導き、支えてくださった

笠井叡先生、禮示先生、久子さんに、

とても感謝しています。

深く、大きなお心遣いを、たくさんいただきました。

 

 

公演には、

さまざまな時期にお世話になった、

いろんな方がいらしてくださいました。

見守ってくださるあたたかいお気持ちが、

とてもありがたかったです。

「あんなにちっちゃかったのにねぇ!」と

たくさんの方から声をかけていただき、

いろいろなことを思い出しました。

思えば、私たちが初めてシュタイナーを知ったのは、

娘の幼稚園でのことでした。

オイリュトミーと出会って人生が大きく変わり、

いろいろと苦労もかけましたが、

それなりに、たくましく育っているようです。

 

さてこれから、どう歩み始めるのでしょうか。

協力は惜しみませんが、何をどうするにしても、

彼女は彼女で、自分自身の道を歩んでいくでしょう。

そのことは、信頼できる感じがしています。


         お花もたくさん頂戴しました。ありがとうございました!