Bead Art 2号発売!2012/07/04 11:23

私が編集に参画していますBead Art Vol.2が、

6月末に発売されました。

今回の巻頭特集は、

「タティング・ビーズジュエリー」のビージェイ・スミレさんです。

タティングは、とても繊細なレース編みの技法です。

現代でも多くの方に愛されていますが、
歴史のあるもので、貴族のご婦人がたに愛好され、

小さなシャトルがあれば編めるので、
馬車のなかで編むことがはやったとか。

タティング・ビーズジュエリーは、

そのタティングに
小さなビーズを編み込んで作るビーズジュエリーですが、

シンプルに作ればとても可憐なものが出来ますし、

作り込めば、本物だけが持つオーラを放って、

高級感あふれるゴージャスなジュエリーになります。

荒木孝子さん、山中恵さん、aYaさんの
素敵な作品とインタビューは必見です。

 

「Beads Inspiration」のコーナーでは、

楓由香さんのパステルカラーの作品が美しく印象的でした。

楓さんの創作の源がわかる興味深い記事です。

 

そして。

今号から、新しく連載が始まりました

ウタ・オーノさんの「日本の職人技を借りて」です。

今回は江戸風鈴をとりあげています。

日本の伝統美を追求した「江戸風鈴」と、
ビーズとのコラボレーションが素晴らしいです。

 「揺れる・光る・透けるは、人の心をとらえる三種の神器といってもいいでしょう。風鈴は、この3つ兼ね備わった優秀美です。これほど美しいものには、暮らしの中で、常に目に触れるところにあって欲しいと思うのです。」
   

というウタ・オーノさんの言葉、とても説得力がありました。

 

ミリアム・ハスケルのページでは、
アンサイン時代の作品を取り上げています。

一般的なイメージとはちょっと異なる、
新しい魅力をご紹介出来たと思っています。

 

自分が関わっていないところも読みましたが、

大勢の作家さんたちがそれぞれ
素晴らしい作品を紹介しており、

楽しくてためになる読みものあり、技法の解説ページあり、

今号も、こんな雑誌が可能なのかと驚くほど、
充実した内容です。

 

是非ご覧いただければ嬉しいです。

 

下記のサイト連絡先で発売中です。

ジュンク堂さんでもお求めになれます。

 

E-mail: jbs@bead-society.com

http://www.bead-art-kobe.com/

KOBEとんぼ玉ミュージアム TEL:078-331-0884

 



             表紙は、荒木孝子さんの作品です



    
                こちらは、山中恵さんの作品
             

 


          ウタ・オーノさんと日本の伝統美との饗宴


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック