不器用ですが・・・ (梓)2009/10/05 14:05

実は、針を持って、
チクチクとやっている時間が好きです。

なぜ「実は」かというと、
「自分は針仕事が苦手で、好きでない」と、
長いこと思い込んでいたからです。

振り返ってみると、そう思い込んだきっかけはどうも、
小学校の家庭科の時間にあるようです。
はじめて針仕事を習ったのが家ではなく家庭科だった、というのが不運だったともいえるわけですが。。。

母は、針を扱うときに小さな子供がそばにいると危ない、と思ったらしく、いつも、針仕事をするときは私が眠った後でした。
小さい頃、朝目が覚めると、ワンピースや手提げ袋などが、魔法のように出来上がっていたことがあったのを思い出します。
ミシンは音がするので昼間にかけるのですが、縫っている時にはあまり近づかせてもらえなかったので、
私にとってのミシンは、本体がしまってあるときに足踏みの部分にもぐりこんで(昔の足踏みミシンは、足踏み部分の上に大きな馬の胴体のようなものがあって、使わない時には本体をひっくり返してしまえるようになっていました)、大きな輪っかをハンドルに、いろんなところへ出かける乗り物でした(ついでに、ボビンケースは、シガレットチョコに火をつけるライターでした)。
あの足踏みミシンはとても美しかったし、電気を使わずに縫物ができる、素晴らしい道具だったと思います。
いまでも、私はミシンではほとんど直線縫いしかしないので、
あれがあったらなぁ、と思ったりもします。
大きいので、ちょっと場所ふさぎではありましたが。
あ、脱線しました(^_^;)。

で、家庭科の時間に初めて針の扱いを教わったわけですが、
何しろ先生の手は早い!
それこそ魔法のように、きれいに揃った小さな針目でチクチクどんどん進んでいくわけです。
でも自分でやると、針がどんなに危険かさんざん指導されたあとなので、緊張しまくっておっかなびっくりだし、もちろん目はがちゃがちゃ、進みは遅い、ときどき手をさして痛い!
ちっとも楽しくなくて、しかも、時間内に所定のところまで進めなくて、がっかりするし、採点は低いし。
で、すっかり嫌いになり、もちろん苦手意識はバッチリ。

でも、縫物をする、ということへのあこがれは、なぜか自分の深いところにずっとあったような気がします。
あまりにも長くなるのでそれについては改めて書かせてもらいますが、そのおかげで私は、大人になってからもう一度針仕事と出会い、
時間を限られないので、ゆっくりじっくり好きなだけ時間をかけて、
採点もされないので、ヘタな針づかいでもおかまいなく、
何とかみっともなく見えないように自己流でいろいろ工夫をしながら、
針を持つ時間を楽しんでいます。
それは、とっても幸せなひとときです。

さっき、チクチクやりながら、
「ああ、やっぱりこういうの好きだなぁ・・・」と思ったときにふと、
私の針仕事とおんなじことが、他の教科でもあるのじゃないかな、と思いました。
算数でも国語でも理科でも社会でも、
新しいものに出会うのはとても楽しいことなのに、
学校ではそれをゆっくり味わうことができなくて、
本当は好きで、幸せな時間が持てるはずのものが嫌いになってしまったり、
苦手意識を持ってしまったりする場合が、結構あるんじゃないかな・・・と。

若いころ私はずっと、「大人になりたくない」などと言っていたのですが、
実際になってみると大人はなかなかいいもので、
さまざまなことに自分の意志でチャレンジできるというのが、
大人になってよかったなぁ、と思うことの大切な要素の一つです。
学校も、そんなふうだといいのになぁ。。。

踊る編集部(行輝)2009/10/10 13:41

「ジュエリークロッシェ教室」表紙
実をいうと私は、オイリュトミストとしての活動の他に、
編集の仕事もしています。

以前、出版社に勤めていて、ニット雑誌の編集や、キルト雑誌の編集長をしたあと、
退社して、オイリュトミストになるための学校にはいったのでした。

現在はフリーランスでエディターをしています。

この10月8日、
私が編集した新しい本が発売されました。
いま、ビーズ界、編み物界で大人気の
ビーズクロッシェの本で、タイトルは
「ジュエリークロッシェ教室」(パッチワーク通信社刊)といいます。
ビーズステッチを日本に紹介し、ビーズワークの普及、研究で有名な、
水野久美子先生の本です。
編集をしていて、水野先生の、
読者の身になってとことん考え抜かれる姿勢に感動しました。
丁寧な解説とプロセス写真で、初めての方にも素敵な作品が作れる、とてもいい本になっています。
機会がありましたら、是非、ご覧ください。

これからいろいろと、面白いエピソードなども添えて、
本や編集の情報をお伝えできたらと思います。
ぜひ、お立ち寄りください。

踊る編集部 
編集長 尾崎行輝

からだにいい食べ物(その1)(梓)2009/10/13 15:55

7週間ほど前から 
「糖質制限食」を
始めています
別に糖尿病でもなく 
とくだんダイエットしたかったわけでもないのですが
大好きな作家の宮本輝さんと 江部康二さんというお医者さまとの対談
「われら糖尿人、元気なのには理由がある。」
という本をみつけて
なにげなく読みだしたら
ぐんぐん引き込まれ
そのものすごい説得力に バッチリ説得されてしまった
というわけです
なにしろこの本 作家の表現力と医師の情報力とが合体している!
実践して「これはいい!」と言っているのが他ならぬ宮本輝さん
(この段階ですでに ファンにとっては説得力抜群です)
その上 宮本さんの 実践者ならではの具体的な問いに
江部ドクターが医学的なデータと豊富な現場経験を駆使してこたえるという
これまた見事な構成!

実はワタクシ その気になりやすいうえに やるとなったらとことんやる性格です
そして夫は 食餌制限系にはかなり消極的・・・
当然 多少の摩擦はあったのですが
もともと 疲れがたまると膵臓に来るタイプの夫ですので
「絶対にあなたのためになるんだから、とにかくこれを読んで!」
と本を手渡すと やはり バッチリ釣り上げ成功!
さっそくスーパー制限食を始めました
すると!
始めたとたんに やはり夫が 滅多やたらと元気になったのです
毎朝胃が重くて憂鬱だったのがなくなった
食べる幸せを感じられるようになった
(前から 食べることはかなぁり好きだったと思いますけどね・・・)
などと
このごろでは 嬉しそうにおいしい糖質制限食を作ってくれたりもしています

ところがこの糖質制限食
ご飯やパン、パスタやお菓子でおなかが膨らませられない分 
満足感を得るためにおかずをしっかり作らなくてはならないので 
三食とも 夕食のように豪華になってしまうのです
とにかく 野菜の消費量が半端でない!
しかも もともとダイエット目的ではないので
油をどんどん使い
肉や魚も チーズやナッツも 恐ろしいほど食べています

それなのに 二人とも体重がするすると減り
しかも 余分な贅肉だけが落ちて 体つきがなにやら筋肉質に!
このあたりはちょっと邪魔だなぁ…と思っていたところがどんどんなくなって
二人して どことなく元気そうな 健康的な体つきになってきました
(もちろんムキムキしてはおりませんが)

というわけで 炊飯器はとっくに片づけてしまって
たくさんあったお菓子やお米は
ペルセパッサの仲間にあげてしまいました

おそらく しばらくはこんな感じでいくのだと思います

SAKTHI シスター・チャンドラとシャクティの踊り手たち(梓)2009/10/19 09:20

ある方から、素敵な公演の情報をいただきました。
シスター・チャンドラとシャクティの踊り手たち 
というのがその公演のタイトルです。
インドの舞踊団で、去年、初の日本公演が行われ、今年も、10月30・31日と11月2・3日に来日公演が行われるそうです。
(ぜひこちらをご覧くださいhttp://sakthi.luci.jp/)

HPを見てとても魅力を感じ、早速チケットをGETしました。
この来日公演を主催した方が彼女たちのドキュメンタリー映画を撮影し、さまざまな映画祭で特別賞などを受賞したうえ国連でも放映されたというので、
そのDVDも送っていただいて観てみました。

踊り手は、ダリットという、カースト制ではランク外の最下層に位置する階層の、若い女性たちです。(ダリットは、日本語では不可触民と訳されています。)彼女たちを率いているのは、チャンドラさんというカソリックのシスター(インド人としてはたいへん珍しく、ご両親もクリスチャンという方です)。身分制度と性差別とで二重に虐げられてきた女性たちを啓蒙し、彼女たちに、人生を切り開いていく力と、自らの人権を守るために声を上げる勇気を与えてこられた方です。
そして、チャンドラさんたちの活動の中心に据えられているのが、舞踊団 SAKTHI の活動です。
上層カーストの人々の葬儀でのみ使われ、しかもダリットの男性しか演奏できないことになっていた、太鼓のような楽器を、女性である彼女たちが、舞台で打ち鳴らして歌い、踊る・・・これは、カースト制によって嵌められた人々の意識の枠を打破する、美と芸術による人権運動です。
声高なシュプレヒコールでも、ましてや暴力などでもなく、美しい踊り、芸術で人々の意識を変えていく。。。なんと素敵なのでしょう。

公演を主催し、映画を撮影された松居 和さんという方は、幼児教育の分野で有名な方で、尺八の演奏家としても、さまざまな外国の映画音楽にミュージシャンとして参加なさっているそうです。

シスター・チャンドラや松居さんの実践に感動し、DVDで垣間見たシャクティの皆さんの踊りの美しさと、生命力に直接働きかけてくるような音楽に魅せられました。
公演で、生で観ることができるなんて、なんて恵まれているんでしょう!
(しかも、チケットの売り上げで、ほんの少しですが彼女たちを支援することもできます。)

とても楽しみにしています。

見えるカラダと、見えないカラダ―Part1 (行輝)2009/10/26 11:47

最近、
今までなんとなく考えていたこと、感じていたこと、行ってきたことに、
「なんとなく」ではなく「じっくり」と取り組んでいきたい
と思うようになってきました。
取り組むというのは、一つ一つのことを、
体にじっくりと沁み込むように理解させていく、
というイメージでしょうか。
「これは大切」と思うことは、非常に意識的に、
体に、そして、心にも流したいと思っています。
ただ単に、頭で分かったような気になっていたり、
なにげなく意識していたりしてきたものを、
頭や意識から、体の細胞の隅々にまでいきわたらせるような形にしたいと思っています。


そのカラダ(体)の話ですが、
私の好きな詩の一つに、金子みすずさんの「星とタンポポ」という詩があります。

青いお空のそこふかく
海の小石のそのように
夜がくるまでしずんでる
昼のお星はめにみえぬ
    見えぬけれどもあるんだよ
    見えぬものでもあるんだよ

ちってすがれたたんぽぽの
かわらのすきに、だァまって
春のくるまでかくれてる
つよいその根はめにみえぬ
  見えぬけれどもあるんだよ
  見えぬものでもあるんだよ

「見えるもの」と「見えないもの」の区別、また、境域はどこにあるのでしょうか。
はっきり目に見えるものだけを確実なもとするのは当然ですが、見えるものの奥にかくれている見えない本質や別の側面を見ることも大切と思います。

カラダ(体)の、目に見える部分だけでなく、
見えない体を意識してみることも、
体の謎を解く一つの鍵となる
と思っています。